原爆の子

ゲンバクノコ

上映時間:85分 / 製作:1952年(日本) / 配給:邦画マイナー=近代映画協会=劇団民芸

解説 処女作「愛妻物語」(1951)を撮ったあと、独立プロ“近代映画協会“を設立した新藤兼人監督の自主製作第1作。原爆を直接に取り上げた劇映画としては初めてのもので、労組の協力を得て完成させた。主演の乙羽信子はこれを機に女優開眼。原爆投下の中、一人生き残った女教師が数年後広島に戻り、かつての教え子たちの消息を尋ねていく物語。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:新藤兼人

キャスト

乙羽信子
滝沢修
清水将夫
宇野重吉
多々良純