一枚のハガキ

一枚のハガキ

イチマイノハガキ

2011年8月6日(土)公開 / 上映時間:114分 / 製作:2011年(日本) / 配給:東京テアトル

(C)2011「一枚のハガキ」近代映画協会/渡辺商事/プランダス

解説 98歳にして現役の巨匠・新藤兼人が、映画人生最期の作品と語る最新作。ストーリーの発端は新藤自身の体験が基になっており、戦争に選択の余地なくかり出された庶民に対する思いを込めている。戦争末期、クジを引いてそれぞれの戦地に赴任した中年兵たち。終戦後、その100人のうち6人が生き残って故郷に帰った時、彼らは思わぬ事実に直面する。

ストーリー 戦争末期に召集された100人の中年兵士。クジで赴く戦地が決められた夜、啓太は一人の兵から彼の妻からの1枚のハガキを託される。戦死するだろうから、生き残ったらハガキを読んだと妻を訪ねてほしいと頼まれたのだ。やがて、日本は終戦を迎えるが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)