旅の重さ

タビノオモサ

上映時間:90分 / 製作:1972年(日本) / 配給:松竹

解説 男出入りの多い母親や、学校生活がイヤになった16歳の少女が、家を飛び出し四国遍路の旅に出る。痴漢にあったり、旅芸人一座に加わって、レズビアンを初めて体験したりの道中の末、少女は中年の魚の行商人と夫婦生活を始めてしまう。旅の出来事がスケッチ風に淡々と綴られていて、母親に送る手紙のように、少女のモノローグが時おり流れる構成になっている。吉田拓郎の『今日までそして明日から』が流れる中、まだ初々しい高橋洋子が、山あいの田園を歩く姿が美しい撮影で捉えられていて、新鮮でみずみずしい感動を与えてくれる。秋吉久美子がチョイ役で出演。

情報提供:ぴあ