映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

透明人間(1954年)

トウメイニンゲン

解説

東宝SF路線で“怪獣“ものと並行して企画された“変形人間“ものの第1作。戦争中、特殊部隊で実験台となり“透明人間“のまま終戦を迎えた男と、透明人間を装って悪事を重ねる不良との対決を描く。物語展開に多少の無理はあるものの、円谷英二の特撮は見事。

上映時間:70分 / 製作:1954年(日本) / 配給:東宝

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー