ストレンジャー・ザン・パラダイス

ストレンジャー・ザン・パラダイス

ストレンジャーザンパラダイス
STRANGER THAN PARADISE

製作:1984年(米=西独)

解説 16歳になるエヴァは新しい生活を始めるため、ハンガリーから単身渡米。お気に入りのジェイ・ホーキンスの音楽をガンガン鳴らしながら、人気のない見知らぬニューヨークを歩き、もう10年来ここに住み着いている従兄のウィリーの部屋を目指す。エヴァ、ウィリー、それにウィリーの賭博友だちエディの、奇妙な関係は、生活の余白を切り取り、張り合わせていくようなシンプルな構成で、何も起こらないまま漂泊する。その筆致だけが残っていくような随筆風の趣を映画は感じさせる。生活の場でも旅行に出ても、無彩色の空間はどこも同じで、目的を見失いぎくしゃくするばかりだが、そんな彼らに共感の笑いで思わずうなずいてしまう……。新人時代のジャームッシュの人物把握と、それに裏打ちされた映画手法(ワンシーン=ワンショット、黒味つなぎ、白くざらついた画調)の新鮮で確かなセンスは驚嘆に値する。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ジム・ジャームッシュ

キャスト

ジョン・ルーリー
エスター・バリント
リチャード・エドソン

ストレンジャー・ザン・パラダイスの画像