椿三十郎(1962年)

ツバキサンジュウロウ

上映時間:96分 / 製作:1962年(日本) / 配給:東宝=黒澤プロ

解説 名作「用心棒」の続編ともいえる作品で、前作では桑畑を名乗った三十郎が、今度は椿を見ながら“椿三十郎、最ももうすぐ四十郎だが“というとぼけたセリフで笑わせる。「用心棒」がたった一人で宿場の悪人どもを全滅させるのに対し、ここでは上役の汚職を暴き出そうと立ち上がる9人の若侍たちの支えとなり、その凄腕で御家騒動の黒幕と対決する。加山雄三をはじめとした若侍の血気にはやる暴走をうまくコントロールし、敵の仲代達矢と知恵比べをする三十郎は「用心棒」のワイルドさに比べておとなしい気もするが、有名なラストの一太刀で勝負をつける決闘シーンはまさに圧巻。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:黒澤明

キャスト

椿三十郎:三船敏郎
室戸半兵衛:仲代達矢
井坂伊織:加山雄三
睦田夫人:入江たか子
睦田(城代家老):伊藤雄之助
千鳥:団令子
黒藤(次席家老):志村喬
守島隼人:久保明
保川邦衛:田中邦衛
関口信吾:江原達怡