ブレット・ラトナー

ブレットラトナー

8歳から8ミリ・カメラを回し始め、16歳でニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツを受験し、学長への直談判の末、最年少の映画専攻生となる。卒業後はミュージッククリップを100本以上製作し、後に劇映画に進出して「ラッシュアワー」シリーズで大当たりをとった。