クラーク・ゲーブル

クラークゲーブル

各地を放浪したのち、24歳で映画界に。「風と共に去りぬ」(1939)の大ヒットで“キング・オブ・ハリウッド”と呼ばれる大スターになる。「或る夜の出来事」(1934)でアカデミー主演男優賞を受賞。