Audible PR

Audible特集 宇垣美里インタビュー|声優の朗読で聴く、新しいライトノベル体験 「疲れてウトウトしてたけど、声が良すぎて眠気が覚めちゃった(笑)」

違うキャラクターのセリフや動きを1人で読むのは相当に大変

Audible版「転生したらスライムだった件」1巻

──聴いていただいたAudibleのライトノベル作品の話題に戻りますが、「オーフェン」と同じく「転生したらスライムだった件」も、アニメでは主人公のリムル役だった岡咲美保さんが、1人ですべてのキャラクターを演じて朗読しています。

私が朗読会で読んだ「燈籠」は、主人公の独白という形の小説なので、全部1人の目線で読めたんです。でも、違うキャラクターのセリフや動きまでを1人で読むのは、きっと相当に大変だと思います。

Audible版「転生したらスライムだった件」1巻冒頭

──先日、同じくAudibleの取材で岡咲さんにお話を伺った際に、高校の朗読大会で「あまり声を作りすぎないほうがいいですよ」と審査員をしているアナウンサーの方に注意を受けたとおっしゃっていました(参照:Audible「転生したらスライムだった件」特集 岡咲美保インタビュー)。宇垣さんは、Audibleで声優の朗読を聞いて、アナウンサーの朗読との違いを感じたところなどはありましたか?

朗読の仕方の違いというより、声についてなのですが。おそらく、アナウンサーとして採用される人には、すごく特徴的な声の人はほとんどいないと思うんです。なぜなら、その特徴のほうが耳についてしまうと、ニュースの内容よりも「変わった声の人だ」という印象のほうが強くなってしまうので。だから、いい声の方はすごく多いのですが、飛び抜けて特徴的な声の方はあまりいらっしゃらないと思います。それに、ニュースを読む練習をするとき先輩アナウンサーの方から、なるべく節を付けた読み方はしないようにと教わりました。

──節を付けた読み方とは?

宇垣美里

電車の車掌さんやバスガイドさんのしゃべり方を想像していただくとわかりやすいかもしれません。ああいったお仕事で文章を上手に読もうと思ったとき、節をつけて読む人は多いんです。それ自体が間違っているわけではないのですが、聴き取りやすくニュースを読むにはあまり向いてないんですよね。実際、以前ラジオ番組に声優さんがゲストでいらっしゃったとき「アナウンサーと声優はどう違うのか」というテーマを扱ったこともあるのですが、アナウンサーは「フラットなものをフラットに読む」という技術が高いというお話になりました。だから朗読でも、長い解説や説明口調のところなどはうまいかもしません。逆に、キャラクター自身の思いを乗せてセリフを読んだりすることは門外漢なので、(声優さんは)どんなふうに読んでいるのか聞いてみたいです。

好きな声優さんのいろいろな役をまとめて聴けるのは最高

──「本好きの下剋上」は、本を大好きな主人公が本の少ない異世界へと転生してしまう作品です。本好きな宇垣さんには、刺さるところも多い物語だったのでは?

物語の中で主人公の喜ぶタイミングも、「わかる!」ってすごく共感できるところが多かったです。字が書けたり、本が読めたりして、新しいことを知れるのって楽しいよね、という感覚は、違う世界に行っても同じなんだなって。本が好きなことによって、より主人公に寄り添って聴くことができたと思います。

Audible版「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」冒頭

──本が読めないつらさも、共有してしまったのでは?

Audible版「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」

本当にもう絶望しかないですよね。活字中毒みたいなところもあるので、私もすごくつらいと思います。「何かの説明書でもいいからちょうだい」って、なりそうです。学生のとき、国語のテストの問題に出てきた物語の続きが気になりすぎて、先生に「あの作品の題名を教えてください」って聞きに行ったこともあります(笑)。

──主人公のマインも相当ですが、宇垣さんもなかなかですね。お好きな声優さんの中で、Audibleでライトノベルの朗読があれば聴いてみたいと思う人はいますか?

好きな声優さんはたくさんいるのですが、例えば、沢城みゆきさんや神谷浩史さんの朗読があれば聴いてみたいですね。沢城さんを最初に「すごく好き!」と思ったのは、たしか「デュラララ!!」のセルティ・ストゥルルソンです。「ルパン三世」の峰不二子もよかったし、「GOSICK-ゴシック-」の主人公のお母さん役(コルデリア・ギャロ役)もすごく好き。「図書館戦争」の柴崎麻子も大人っぽい感じがよかったなあ。〈物語〉シリーズの神原駿河も沢城さんですよね。しかも、少年役などでも素敵なので、いろいろな役としての声が聴けるAudibleでも聴いてみたいなと思います。

──大好きな声優さんのいろいろなキャラクターのお芝居を一気に聴けるのも、Audibleの魅力ですね。

宇垣美里

例えば、私はお姉さんっぽい沢城さんも、カッコいい沢城さんも、幼女の沢城さんも全部が好きなんです。Audibleだと、それらを全部まとめて聴けたりするので、聴かせていただく私たちとしては最高ですよね。演じられている皆さんは、きっとすごく大変だと思いますが(笑)。

──神谷さんに関しては、どのような作品やキャラクターが特に印象に残っていますか?

「夏目友人帳」の夏目貴志や、「デュラララ!!」の折原臨也とか、「進撃の巨人」のリヴァイとか、本当にたくさんいます。好きな作品には、たいてい神谷さんも出ているので、自然と好きになっちゃいますよね(笑)。あとは、石田彰さんも大好きです。皆さん、本当にバラエティに富んだ役を演じられているので、どうやって役ごとに読みわけたりされているのかも聞いてみたいです。私たちアナウンサーは、声を変えるということが基本的にないので。

疲れてウトウトしてたけど、声が良すぎて眠気が覚めちゃった(笑)

──好きな声優さんの朗読で聴くことによって、そのライトノベルのことがさらに好きになったりもすると思いますか?

宇垣美里

本を読むと、自分の中でキャラクターができちゃうことってあるじゃないですか。そういう場合などは、映像で観るよりも声で聴いたほうがより想像力が刺激されるというか。もっと自由に自分らしく楽しめる、ということもあるのかなと思います。あと、疲れてしまって目を開けたくないときにも、耳だけで聴けるAudibleはすごくありがたいと思ったのですが、さらに声が良いというのは最高です。疲れてウトウトしているときだったんですけれど、森久保さんの「魔術師オーフェン」を聴いたら声が良すぎて眠気が覚めちゃったこともありました(笑)。

──やはり、女性のアニメファンとして、男性声優さんの素敵な声の朗読が聴けるのは大きな魅力なのですね。

でも、それは女性声優さんも同じで。優しい声だったり、かわいい声だったりを聴くと、気持ちがほっこりします。声優さんの声には、独特のまろやかさみたいなものもあって。声がスッと入ってくる感じは、アナウンサーの朗読とはまた違って、それも素敵だなと思って聴いていました。

──まだAudible版のライトノベルを体験したことがない読者の皆さんに向けて、先に体験された宇垣さんからメッセージをお願いします。

本当に簡単に聴くことができるし、本を読むよりもとてもハードルが低いと思うので、好きな作品をもっと詳しく知りたいな、とか、もう1回その作品の世界に浸りたいなというときに、すごくいいのかなって思います。もちろん、映像で観ることも本で読むこともいいのですが、耳で聴くと、また違う世界が広がる可能性を感じました。新しい楽しみ方を感じることもできますし、1つの作品を何度も楽しめるんじゃないかなと思います。

──宇垣さんも、好きな作品のAudible版があれば、聴いてみたいですか。

宇垣美里

もちろん聴きたいです。あったら、すごくありがたいですね。その人にとって何度も観たい、何度も立ち返りたい作品ってあると思うのですが。映像で観返したいけれど、移動中とかにはちょっと観るのが難しいなってときに、音で聴けたらすごくうれしいですよね。「このセリフだけでもいいから聴きたい!」ということも、きっとあると思うので。

──好きすぎて、ほかのことをしながらは観られない作品というのもありますよね。

あります、あります! 何度観ても、ほかのことが手に付かなくなったり、泣いちゃったりする、みたいな。ただ、そういう作品の場合、耳で聴いてるだけでも泣いちゃいそうですけどね(笑)。

本を耳で楽しむ、オーディオブック配信サービスAudible

Audibleロゴ

38カ国語の海外コンテンツと国内コンテンツを合わせて、40万タイトル以上が楽しめる豊富なライブラリーを用意。ビジネス、自己啓発、小説、落語、洋書など20以上のジャンルから本が選べ、Audibleでしか聞くことができないスペシャルコンテンツもあり。1冊ずつの購入はもちろん、月額1500円でお得な特典や会員向けコンテンツが楽しめるプランも。

配信タイトル紹介

秋田禎信「魔術士オーフェン はぐれ旅 新装版①」
秋田禎信「魔術士オーフェン はぐれ旅 新装版①」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:森久保祥太郎

再生時間:23時間25分

解説

累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔が2019年のシリーズ生誕25周年へ向けて加速。「はぐれ旅」第1部の物語をオーディオブック化。アニメでオーフェン役を演じる森久保祥太郎が完全朗読!!

香月美夜「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」
香月美夜「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:井口裕香

再生時間:9時間50分

解説

とある女子大生が転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない! 目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう! 緻密な世界観と多くの魅力的なキャラクターで大人気を集める本作が待望の書籍化! 本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!

伏瀬「転生したらスライムだった件①」
伏瀬「転生したらスライムだった件①」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:岡咲美保

再生時間:9時間49分

解説

なんということもない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた……はずだった。ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない……。そんな状況の中、自分があの“スライム”に転生してしまったことに気づく。最弱と名高いモンスターであることに不満を感じつつも、お気楽スライムライフを満喫する三上悟だったが、天災級のモンスター“暴風竜ヴェルドラ”と出会ったことで運命は大きく動き出す。
アニメで主役・リムル役を演じた岡咲美保が、小説の内容を1人で全て朗読する「転スラ」オーディオブック版!

渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。①」
渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。①」

Audible版 1500円

Amazon.co.jp

朗読:石井一貴、戸田めぐみ

再生時間:7時間9分

解説

友情も恋愛もくだらないとのたまうひねくれ男・八幡が連れて来られたのは学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。もしかしてこれはラブコメの予感!?……のはずが、待ち構えるのは嘘だらけで間違った青春模様!

平坂読「妹さえいればいい。①」
平坂読「妹さえいればいい。①」

Audible版 1500円

Amazon.co.jp

朗読:猪股慧士、綾瀬有

再生時間:5時間47分

解説

小説家・羽島伊月は、個性的な人々に囲まれて賑やかな日々を送っている。そんな伊月を見守る完璧超人の弟・千尋にはある重大な秘密があった──。平坂読が放つ青春ラブコメの最新型、堂々開幕!

秋田禎信「魔術士オーフェン はぐれ旅 新装版①」
配信中
秋田禎信「魔術士オーフェン はぐれ旅 新装版①」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:森久保祥太郎

再生時間:23時間25分

香月美夜「「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」
配信中
香月美夜「「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部『兵士の娘Ⅰ』」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:井口裕香

再生時間: 9時間50分

伏瀬「転生したらスライムだった件①」
配信中
ボイスブック版「転生したらスライムだった件①」

Audible版 3500円

Amazon.co.jp

朗読:岡咲美保

再生時間:9時間49分

渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。①」
配信中
渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。①」

Audible版 1500円

Amazon.co.jp

朗読:石井一貴、戸田めぐみ

再生時間:7時間9分

平坂読「妹さえいればいい。①」
配信中
平坂読「妹さえいればいい。①」

Audible版 1500円

Amazon.co.jp

朗読:猪股慧士、綾瀬有

再生時間:5時間47分

宇垣美里(ウガキミサト)
宇垣美里
2014月4月、TBSに入社。アナウンサーとして数々の番組に出演。2019年3月にTBSを退社し、同年4月よりオスカープロモーションに所属。趣味は読書、アニメ鑑賞など。