安野モヨコ(Moyocoanno)という名前の小惑星が誕生

1

273

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 97 18
  • 16 シェア

安野モヨコから名前を取った小惑星「安野モヨコ(Moyocoanno)」が、去る4月6日に誕生した。

安野モヨコが朝日新聞にて連載中の「オチビサン」4巻。

安野モヨコが朝日新聞にて連載中の「オチビサン」4巻。

大きなサイズで見る

この小惑星は発見者である久万高原天体観測館の藤田康英氏が、安野の夫・庵野秀明と高校時代からの友人だった縁から命名された。また過去に、同じ観測館の中村彰正氏が発見した小惑星に「庵野秀明(Hideakianno)」と命名していた経緯もあり、藤田氏は兼ねてから「小惑星のWアンノ」を考えていたという。日本人の女性マンガ家で小惑星に名前がつくのは初。

「安野モヨコ(Moyocoanno)」は火星と木星の軌道の間にある、微小な天体の1つ。推定直径は5kmで、周期5.49年で太陽の周りを1周する。2006年10月25日の第1発見から観測が続けられ、その軌道が確定したことから発見が報告された。

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

安野モヨコ(Moyocoanno)という名前の小惑星が誕生 http://t.co/918jcV7z

コメントを読む(1件)

安野モヨコのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 安野モヨコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。