富永一朗が老衰のため死去、「お笑いマンガ道場」などテレビでも活躍

197

マンガ家の富永一朗が5月5日、老衰のため死去した。96歳だった。

富永は1925年、京都・京都市生まれ。1951年に上京し、マンガ家として活動を始める。代表作に「チンコロ姐ちゃん」「せっかちネエヤ」など。また「お笑いマンガ道場」では鈴木義司と戦いを繰り広げるなど、テレビ番組でも活躍した。

1986年には日本漫画家協会大賞を受賞。1992年には紫綬褒章を受章し、1994年には岡山県・吉備川上ふれあい漫画美術館名誉館長に就任した。高梁市名誉市民にも選ばれており、1998年には勲四等旭日小綬章を受賞している。なお葬儀および告別式は親族で執り行われた。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 富永一朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。