「火狩りの王」WOWOWでアニメ化、人類最終戦争後の世界を描くファンタジー

323

山田章博がイラストを手がける日向理恵子のファンタジー小説「火狩りの王」のアニメ化が決定した。

原作小説の1巻「火狩りの王 春ノ火」。(ほるぷ出版)

原作小説の1巻「火狩りの王 春ノ火」。(ほるぷ出版)

大きなサイズで見る(全2件)

「火狩りの王」は、人類最終戦争後の世界を舞台にしたファンタジー作品。人々は天然の火に近づくと身体が燃え上がる人体発火病原体に侵されている。火は森に棲む黒い獣・炎魔を狩ることで採れるもので、炎魔狩りをする火狩りたちの間では「火狩りの王」の噂が広まっていた。物語は、村育ちの少女・灯子(とうこ)と首都の元学生・煌四(こうし)を中心に展開される。

アニメはWOWOWでの放送となり、アニメーション制作はシグナル・エムディが担当。原作者の日向はアニメ化に対し「観る者に生の豊かさを思い出させることが、アニメーションの持つ大きな力だと思っています」「その力をもらった灯子たちを応援できることが、とてつもなくうれしく、畏れ多く、期待でいっぱいでおります」とコメントした。

日向理恵子コメント

「火」をテーマにした大きな物語を書きたいと思い、『火狩りの王』を書きはじめました。「生きろ、生きろ」と念じながら、物語を紡ぎました。 観る者に生の豊かさを思い出させることが、アニメーションの持つ大きな力だと思っています。 その力をもらった灯子たちを応援できることが、とてつもなくうれしく、畏れ多く、期待でいっぱいでおります。読者さまたちにも、どうか一緒に見守っていただけますように。

この記事の画像(全2件)

WOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」

原作:日向理恵子
絵:山田章博
アニメーション制作:シグナル・エムディ

全文を表示

関連記事

山田章博のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山田章博 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。