ステージナタリー

安西慎太郎&辻本祐樹がW主演「ゆく年く・る年冬の陣」全キャスト発表

373

達磨を持つ安西慎太郎(左)、辻本祐樹(右)。

達磨を持つ安西慎太郎(左)、辻本祐樹(右)。

る・ひまわりと東京・明治座による共同制作公演「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」が、12月28日から31日まで明治座、2018年1月13日に大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。またこのたび全キャストが発表された。

2011年にスタートした本シリーズは、歴史上の人物や物語をテーマとした歴史エンタテイメント。本編は、演劇とオリジナルユニットによるショーの2部構成となっており、第1部では大坂夏の陣を片倉重長と伊達政宗の目線でとらえた「SANADAMA・る」を上演し、第2部「プロデュース1615」には、“戦国芸能プロダクション”から選りすぐりのアイドルたちが登場する。

第1部「SANADAMA・る」でW主演を務めるのは、片倉重長役の安西慎太郎、伊達政宗役の辻本祐樹。出演決定にあたって安西は「年末ということで、1年の締めくくりにふさわしい色々な意味で面白く、お客様の心が踊る作品をカンパニー一丸となり作っていきます」と意気込み、辻本は「2011年から、る・ひまわりさんの明治座シリーズに出演させて頂いておりますが、長年の夢でもあった明治座さんでの主演を務める事が出来、本当に嬉しく思っています!」と喜びを語った。また第2部「プロデュース1615」には真弾青少年団、優一の國、マーライオンZ、MAN WITH A KABUTOといった個性豊かなアイドルが多数登場する。

脚本を赤澤ムック、構成・演出を板垣恭一が担当。東京公演のチケットは9月17日、大阪公演は9月23日に発売される。

安西慎太郎コメント

まずこの年末シリーズに出演できることが嬉しいです。そして辻本さんと共に主演をやらせて頂けて光栄です。
年末ということで、1年の締めくくりにふさわしい色々な意味で面白く、お客様の心が踊る作品をカンパニー一丸となり作っていきます。

辻本祐樹コメント

2011年から、る・ひまわりさんの明治座シリーズに出演させて頂いておりますが、長年の夢でもあった明治座さんでの主演を務める事が出来、本当に嬉しく思っています! このシリーズの僕のイメージは、「真剣なお祭り舞台」。キャストの方々の個性が100%ぶつかって成り立つ舞台! 新しいキャストとの絡みもすごく楽しみで、早く稽古がしたいです! 見に来てくれる皆さんと一緒に笑い、感動出来る舞台にします! どうか明治座にお気軽にお越しください!

「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」

2017年12月28日(木)~31日(日)
東京都 明治座

2018年1月13日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

脚本:赤澤ムック
構成・演出:板垣恭一

出演:安西慎太郎辻本祐樹 / 佐奈宏紀永田崇人杉江大志小沼将太碕理人白又敦 / 田中涼星蒼木陣滝川広大、小原悠輝、佐藤貴史宮下雄也井深克彦中村龍介二瓶拓也加藤啓 / 滝口幸広林剛史兼崎健太郎 / 内藤大希木ノ本嶺浩 / 大山真志原田優一 / 松村雄基 / 紫吹淳

ステージナタリーをフォロー