音楽ナタリー

アイドルカレッジ、タイ「JAPAN EXPO」で新衣装お披露目ライブ

215

アイドルカレッジによるライブの様子。

アイドルカレッジによるライブの様子。

アイドルカレッジが2月12日から14日にかけてタイ・バンコクで開催された「JAPAN EXPO IN THAILAND 2016」に出演した。

今回タイで行われた「JAPAN EXPO」にはアイカレのほか、WORLD ORDER、桃知みなみ、hiJK、bless4、井上あずみ、谷本義貴、YOFFY、NoB、河野玄太、佐々木忍弥が出演。日本を代表するような卓越したパフォーマンスを繰り広げ、オーディエンスを大いに盛り上げた。

アイカレは同イベントにアイドルグループとして唯一出演し、13、14日の2日間にわたってライブを実施。現地のアイドル人気も相まってステージ前には彼女たちのパフォーマンスをひと目見ようと多くの観客が駆けつけた。今回タイでのライブに挑んだのは齋藤綺咲、南千紗登、中島優衣、冨田樹梨亜、海老原優花、石塚汐花、川音希、上水口姫香の8人で、アイカレとしては昨年行われた台湾でのライブ以来2度目の海外ライブとなった。

13日のステージでは日本に関するクイズや南による着物の着付け披露などを行って日本の習慣を現地人に伝えたのち、ライブパフォーマンスでアイドルの華やかさをアピールした。またこの日は先日タイに初出店したアニメイト バンコク店にメンバーが訪問し最新作「イチズレシピ」のPRを店頭で行ったほか、同店舗のイベントスペースで初となるミニライブを開催した。

14日のステージでは、この日が初公開となる新衣装を身にまといメンバーがステージに登場。海老原、石塚によるアクロバティックなパフォーマンスでオーディエンスを沸かせたあと、「イチズレシピ」でライブを開幕させる。歌唱後のMCでメンバーはタイ語で元気に自己紹介し、観客とコミュニケーションを図った。8人が「チェリーガール」「ハルモニア」「あのコが、髪を、切らない、理由。」「#常夏女子希望!!!」といった人気曲を畳みかけると、現地のアイドルファンは彼女たちに熱烈なコールを送る。ライブ終盤、彼女たちは結成当初から歌い続けている「いちごパフェ」で会場の熱気をさらに押し上げ、最後は観衆が見守る中「YOZORA」を届けて50分にわたる熱狂的なライブを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー