音楽ナタリー

平井堅、三重・伊勢志摩サミット公認サポーターに任命

656

握手する平井堅と鈴木英敬知事。

握手する平井堅と鈴木英敬知事。

平井堅が三重県で実施される主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」の公認サポーターに任命された。

本日2月19日に東京・日本記者クラブ 会見場では任命式を実施。この式には平井とともに徳光和夫アナウンサー、鈴木英敬三重県知事が登壇した。徳光アナの紹介のもと、まずは鈴木知事がサミットの概要をプレゼン。平井がサポーターに選ばれたことについては、三重県出身であることや国内外の知名度、そしてローカルラジオ番組出演や楽曲「桔梗が丘」の発表など、これまでに数多く三重県のPR活動を行っていたことを理由に挙げた。

その後会場に平井が入場し、任命書の授与を実施。平井は徳光アナに公認サポーター任命の感想を聞かれると、「非常に光栄です。三重がふるさとで良かった」「歌手なので歌を一生懸命作って関われたらなと思っています」と落ち着いた様子で答えた。

質疑応答ではサミット開催について、鈴木知事は「日本が飛躍していくための重要な経験となるので、ポジティブに捉えてもらえたら」とコメント。また三重県民に向けての一言として、平井は「三重を離れて20年以上になりますけど、月日が経つほど郷愁の念が大きくなってきて。お話を頂けたのはとてもうれしかったし、同じ県民であることに誇りを持ってもらえたらいいなと思います」と述べた。

音楽ナタリーをフォロー