コミックナタリー

さだやす圭の実子がスピで新連載、深見真がストーリー協力

80

さだやす圭の実子・さだやすが新連載「王様達のヴァイキング」を、本日3月4日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ14号(小学館)にてスタートした。TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の脚本家・深見真も、ストーリー協力として同作に携わっている。

「王様達のヴァイキング」は、大金を持った野心家の男性と天才ハッカーを主役にしたサイバー活劇。消費者金融のシステムが大規模なハッキングを受け、その犯人に野心家の男性が興味を持つところから物語は始まる。小学館新人コミック大賞や講談社の四季賞で受賞歴を持つ、期待の新人による連載デビュー作に注目だ。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞