コミックナタリー

夢枕獏書き下ろし「真・餓狼伝」が始動、時代は明治後期

91

夢枕獏原作による野部優美の新連載「真・餓狼伝」が、本日2月14日発売の週刊少年チャンピオン11号(秋田書店)にてスタートした。

夢枕にとって初のマンガ原作書き下ろしとなる「真・餓狼伝」。明治時代後期、主人公の丹波文吉を軸として、武道に生きる男たちの格闘ドラマが紡がれる。第1話はブラジルにいる格闘家、前田光世の回想から始まる。

今号にはこのほか、石黒正数「木曜日のフルット」の連載200回突破を記念して、同作がセンターカラー付き2本立てで登場している。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】