コミックナタリー

「ACCA13区監察課」朗読音楽劇レポ、番外編「P.S.」のエピソードも

2022

オノ・ナツメ原作によるテレビアニメ「ACCA13区監察課」のイベント「朗読音楽劇『ACCA13区監察課』 -Piece of Mind-」が、去る8月6日に東京・なかのZERO大ホールにて開催された。

ビッラの雪降る森の中、幕開けした朗読劇。ジーン役の下野紘、ニーノ役の津田健次郎が登場し、監視者の正体を知ったジーンと、彼の親友であるニーノのシーンがプロローグとして語られる。そこからアニメのオープニング映像を背景に、ONE III NOTESによって「Shadow and Truth」がパフォーマンスされた。

序盤ではジーンとニーノ、悠木碧演じるロッタの関係性が伝わる平和なやりとりを展開。ニーノのナレーションにより、ジーンを取り巻くクーデターの動きと王族との関わりが語られていく。結城アイラによりアニメ第8話の劇中歌「It’s my life」が歌唱されると、そこから時間は遡り、物語はジーンとニーノの学生時代へ。幼いロッタを交えた微笑ましい日常が、オリジナルのエピソードとして描かれた。悲しいエピソードも含む第8話を思い起こさせるこのパートは、再び登場した結城の「ペールムーンがゆれてる」で静かに締めくくられた。

続けてステージに登場したのは、ACCA5長官の面々。グロッシュラー役の諏訪部順一、リーリウム役の遊佐浩二、その後方にスペード役の大川透、パスティス役の緑川光、パイン役の安元洋貴が並び、さまざまな思惑が絡む5人のやりとりを演じる。合間には、「ACCA13区監察課」の番外編として月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)にて連載中の「ACCA13区監察課 P.S.(ピーエス)」より、5長官が初めて顔を合わせたバードンの空港と、就任式典でのエピソードが挟み込まれた。

グロッシュラーとリーリウムによる第9話の印象的なシーンも再現され、ACCAによるクーデター計画が進むと、場面はクライマックスとなるACCA100周年記念式典の会場へ。ジーンも加わり、リーリウムとの緊張感あふれるやりとりを経て物語は結末を迎える。ラストはONE III NOTESによる第12話のエンディング曲「Our Place」が飾り、朗読音楽劇は幕を閉じた。

カーテンコールの拍手の後、ステージにはキャスト一同が再び登場。それぞれが朗読中もその後ろで演奏されていた、高橋諒率いるバンドの音楽の素晴らしさと、「芝居も負けていられない」というプレッシャーについて口にする。登壇した声優陣の中で唯一の女性である悠木が、楽屋での“かわいいおじさん”たちの様子を報告するという一幕も見受けられた。また下野を始めとするキャスト陣全員が、今回のイベントで「ACCA」のキャラクターを演じる機会がひと区切りになることを惜しみ、作品への愛をにじませていた。

なお同公演の模様を収めたBlu-rayとDVDが、12月22日にリリース。映像特典として出演者のコメントが収録されるほか、ブックレットと朗読音楽劇の複製台本が同梱される。また8月29日には、アニメ「ACCA13区監察課」Blu-ray BOX / DVD BOXの最終巻となる第3巻が発売。

(c)オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA製作委員会

コミックナタリーをフォロー