コミックナタリー

柳内大樹「ガキ☆ロック」がドラマ化!上遠野太洸、山田裕貴ら出演

2041

左から中村僚志演じるまっつん、川村陽介演じるジミー、前田公輝演じるマコト、上遠野太洸演じる源、大塚千弘演じる真奈美。画面後ろ中央は勝矢演じるのりお。

左から中村僚志演じるまっつん、川村陽介演じるジミー、前田公輝演じるマコト、上遠野太洸演じる源、大塚千弘演じる真奈美。画面後ろ中央は勝矢演じるのりお。

柳内大樹「ガキ☆ロック」の実写ドラマ化が決定。「ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~」のタイトルで、全12話が4月14日から毎週金曜にAmazonプライム・ビデオにて配信される。

主演の志村源役は、本作が連続ドラマ初主演となる上遠野太洸。源の幼なじみで物語のカギを握る金山龍太役は山田裕貴、源が一目惚れするたこ焼き屋の今日子役は久松郁実が演じる。また源の幼なじみ・マコト役に前田公輝、浅草の情報通ジミー役に川村陽介、喧嘩は弱いが人に優しくおバカな坊主のまっつん役に中村僚志が出演。そのほかの出演者として大塚千弘勝矢円城寺あや六平直政原田龍二佐藤祐基柾木玲弥大倉士門長田成哉らが名を連ね、浅草にオープンするガールズバーのママ役で板野友美、たこ焼き屋の妻役として中村静香が作品に華を添える。

ドラマでは原作と異なるオリジナルストーリーを展開。オープニング曲にはTHE イナズマ戦隊による「赤い命が燃えている」、エンディング曲には柳内作詞、竹原ピストル作曲と歌による「ガキ☆ロック」が起用された。

「ギャングキング」などで知られる柳内による「ガキ☆ロック」は、東京の浅草を舞台に、義理人情に厚い志村源や彼の仲間たちの喧嘩に明け暮れる日々を描いていくヤンキーマンガ。ヤングチャンピオン(秋田書店)にて連載され、2014年には上遠野主演による映画化も果たした。

柳内大樹コメント

Amazonプライムドラマの実写化で僕の大好きな浅草を舞台に、昔ながらの義理人情を大切にしている今時珍しい若者達、主人公の源をはじめ、浅草の仲間達とともにイキイキと大暴れしてる姿を通じて、世界中に日本の良いところが少しでも伝わってくれたらとても嬉しいです! そしてこれを機会にガキロックだけではなく、僕の他の作品も世界中に広まってくれたらとても嬉しいです。

上遠野太洸コメント

作品を観る方たちに、登場人物たちの生み出す空気から浅草って良いなって思ってもらえるように、僕が演じる主人公・源が中心になって浅草の町を動かしていったり回していったりしていく姿を観てほしいです。そしてドラマオリジナルストーリーだけど原作に通じる部分もたくさんあるので、原作を知らなくても楽しめますし、あとお父さんお母さんにも見てもらって、作品に出てくる源を含め4人みたいな子供に育ってほしいなって思ってほしいですね(笑)本当に純粋で真っ直ぐな熱さをお見せしたいと思います!

山田裕貴コメント

今回出演させて頂くことになり、すごく熱くなっています。浅草という町の良さ、人の良さ、今の時代、すごく大切なモノを思い出させてくれる作品だと思います。相手を想う、相手に与えるではなく、相手と向き合うということが思いやりであり、義理と人情なのだと。
前作からのチームワークも現場で感じながら、自分はいい意味で異質でいようと心掛けました。
ぜひ、お楽しみに。

久松郁実コメント

今回初めてヒロインを演じさせていただくということで、クランクイン前はかなり緊張していましたが、監督と役柄について色々お話しさせていただき、自分なりにしっかりと役作りをして撮影に挑めました。今日子は芯があって、次々と問題が起こる浅草を源たちと一緒に守ろうとする真っ直ぐな気持ちを持った女性です。そんな真面目な今日子をきっちり演じ、浅草の素晴らしい義理や人情を皆さんに感じていただければいいなと思います。

コミックナタリーをフォロー