コミックナタリー

「坂本」上映会イベントで、緑川光「2016年になって代表作ができるとは」

1704

緑川光からカスタマイZ・DAICHIへの「秘技・行き場のない風(ストロー・シガレット)」。

緑川光からカスタマイZ・DAICHIへの「秘技・行き場のない風(ストロー・シガレット)」。

佐野菜見原作によるテレビアニメ「坂本ですが?」のイベントが、去る4月23日に東京・丸の内ピカデリー3で行われた。コミックナタリーでは第2部の模様をお届けする。

「『坂本ですが?』初単独イベント~スタイリッシュトーク&クーレスト上映会~」にはまず坂本役の緑川光、ケンケン役の檜山修之、丸山先輩役の稲田徹が登壇。司会からアフレコでの様子を聞かれた緑川は「坂本はひと言ぐらいしか喋ってないときがあって、居心地が悪いので『じゃあ僕、ガヤやります』って言っても『いやいやいや、目立つからダメ』って止められるんです(笑)」と秘話を明かす。そこで檜山が「それで僕がガヤをやりました。そしたらウチの前野(智昭)と鈴木達央があせりまくってましたね。ほかの現場ではメインやってる若手たちに緊張感を思い出させてやりましたよ(笑)」と誇らしげに語ると、会場からは拍手が起きる。稲田も「ボクが仕事を始めた頃はそうでしたね。先輩たちががっついてたのを思い出したよ」と同意した。

続いては3人の生コメンタリー付きアニメ上映。オープニングを見ながら緑川が「自分が出ているアニメをどれぐらい出番があったかチェックするんですが、この作品は頂点ですね」と語ると、稲田からは「ほぼプロモーションビデオだよ!」の声が。その後も本編を観ながら、3人は笑いつつ「なんでだよ!」「おかしいよ!」「髪、なびきすぎだよ!」など、登場人物の言動に終始ツッコミを入れ続ける。作中ではツッコミが入らない作品だけにやりがいがあったようで、上映後に緑川は「みんなと一緒に観るの、楽しいですよね。やっぱりツッコんでなんぼですよ」と満足気だった。

ここでアニメのオープニング「COOLEST」を歌うカスタマイZと、エンディング「無くした日々にさよなら」を歌うスネオヘアーがステージに登場。曲を担当したことについて、カスタマイZのHAMAは「もともと作品のファンで、新幹線等での移動中にマンガを回し読みしてたんです。それで(オープニングテーマに)決まったので心からうれしかったです」と喜びを語る。スネオヘアーは「お話のおしまいに僕の歌が流れるのは、とても大事な役割をやらせてもらってるなと思ったらとても緊張してきて、脇汗が染み出てきたことも」と笑わせた。

続いて声優チーム対アーティストチームによる「スタイリッシュ対決」がスタート。これはお題としてシチュエーションといくつかの道具が提示され、「坂本だったらこの道具を使ってスタイリッシュに切り抜ける」という方法を考えるというもの。ここで出されたお題は「授業中、ずっとトイレをガマンしていた女子が限界点に達するも、恥ずかしくて『トイレに行きたい』と言えずにいる。それに気づいた坂本、さあどうする?」。使用できる道具はノート、カバン、体操着、弁当箱、手鏡が用意された。

シンキングタイムのあと、アーティストチームは、「まず坂本は、超人なので4人に分身することができます」とカスタマイズ4人がそれぞれ道具を持ち出す。「そして1人目の坂本がノートの紙を使って工事現場によくあるような簡易トイレを作り、2人目がみんなの視線を浴びるために体操着に着替え、3人目の坂本が手鏡でスポットライトを浴びせます。4人目は余り物を持つだけですが、この間に女の子はトイレが終わってます」という人数を活かした答え。対する声優チームは、檜山が「手鏡を使い、スプリンクラーを反応させて教室を水浸しにします。そこで教室に虹が出てる間に、女の子はトイレを終わらせる」と回答。スネオヘアーが「普通にいい答えじゃないか!」といちゃもんをつける場面もあったが、観客の拍手の量により声優チームが勝利した。

負けたチームは罰ゲームを受けることになり、緑川は「あれをやりませんか?反復横跳び(レペティションサイドステップ)」と、坂本の“秘技”を再現することを持ちかける。するとスネオヘアーは「4人はいいでしょ、若いんだから。僕は……あ、足が折れちゃう……」と急に足を痛めた素振り。緑川が「じゃあ若い人たちだけでいくよ!秘技・レペティションサイドステップ!」を声をかけ、カスタマイZの4人が舞台上で数秒間、反復横跳びを披露した。

ここで稲田が「スネオヘアーさんには“ご褒美”をあげたほうがいいんじゃない?」と持ちかけると、緑川は「じゃあスネオヘアーさんには“行き場のない風(ストロー・シガレット)”を」と、坂本が不良に対して使用した、ストローを使って耳に息を吹きかける“秘技”を提案。「せっかくなんで目を閉じてください。秘技……ストロー・シガレット」と甘い声でささやいてから耳に風を送ると、スネオヘアーは小声で「ああ……」とうめき、「好き……」と恍惚の表情を浮かべて「今日はホントに来てよかった」と語った。

するとカスタマイZのDAICHIは「僕もストロー・シガレット、やってもらっていいですか?」と立候補。すると緑川が「君だけに直接言ってあげる」とマイクなしでささやいてから息を吹きかけ、DAICHIは「ああーっ!」と崩れ落ちた。それを見た檜山は「ストロー・シガレットが(アントニオ)猪木のビンタみたいになってる(笑)」、稲田は「これは恒例行事になるんじゃない?第1部で最初に食らったのは僕ですからね!今後自慢しますよ」となぜか誇らしげ。

エンディングでは、緑川が「もう5月2日で48歳になろうとしてるのに、高校生の役で主役をやれるこの幸せ、本当にありがたいなと思ってます。声優だけじゃなく、監督の感性も素晴らしいし、音楽も素晴らしい、何度観ても楽しいと心から思える作品です。まさか2016年になって、自分でも誇れる代表作ができるとは思っていなかったので……記念に、(DVDなどを)買ってください(笑)」とまとめ、イベントは終了した。

※特集記事へはこちらから!
アニメ「坂本ですが?」原作者・佐野菜見、主演・緑川光、監督・高松信司鼎談 - コミックナタリー Power Push

※特集記事へはこちらから!
テレビアニメ「坂本ですが?」主題歌特集 カスタマイZ×スネオヘアー COOLESTな学ラン座談会 - 音楽ナタリー Power Push

(c)佐野菜見・KADOKAWA/坂本ですが?製作委員会 (c)佐野菜見/KADOKAWA

コミックナタリーをフォロー