コミックナタリー

萩尾望都&造形作家・竹谷隆之が表現する「寄生獣」、アフタに登場

1113

本日3月25日に発売された月刊アフタヌーン5月号(講談社)には、さまざまな作家が「寄生獣」を描くシリーズ「ネオ寄生獣」の第11弾・第12弾として、竹谷隆之の「ババ後悔す」、萩尾望都の「由良の門を」が掲載されている。

海洋堂のアクションフィギュアシリーズ「リボルテックタケヤ」などで知られる造形作家・竹谷による「ババ後悔す」。老婆に寄生してしまった寄生生物(パラサイト)のフィギュアと文章で構成されたストーリーが、カラーグラビア6ページで発表された。

一方「由良の門を」は、「寄生獣」で圧倒的な存在感を放った田宮良子の娘・由良の成長を描く物語。作中には「寄生獣」の主人公・泉新一も登場し、由良と邂逅を果たす。またこの2タイトルに加え、これまで平本アキラや皆川亮二らに描かれてきた「ネオ寄生獣」シリーズの作品を収録した短編集が、7月23日に発売されることも決定した。

このほか今号では、「ネメシスの杖」の朱戸アオによる短期集中連載「インハンド」がスタート。天才寄生虫学者・紐倉哲が、内閣情報室の健康危機管理部門から舞い込んだ厄介な事件の解決に奔走する姿を描く。第1話ではSARS、MARSに次ぐ第3の新型感染症・TARSの感染原因となった“容疑者ゼロ”をめぐるストーリーが明かされる。

コミックナタリーをフォロー