コミックナタリー

全国書店員が選んだBLランキング、1位は昨年に続き「テンカウント」

2425

日本出版販売が主催する「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」のスピンオフ企画として、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」のランキング上位10作品が発表された。

第1位に輝いたのは昨年に続き、宝井理人「テンカウント」。第2位にはおげれつたなか「エスケープジャーニー」、第3位には桜日梯子「抱かれたい男1位に脅されています。」が続いている。投票は2015年10月7日から11月27日まで行われ、465店舗計512名の書店員が参加した。

全国約700の書店ではフェアが行われており、書店員のおすすめコメント入りPOPやオリジナルポスターを掲出中。また元ハルヒラ「虎穴ダイニング」、はらだ「よるとあさの歌」、波真田かもめ「おはようとおやすみとそのあとに」、小松「それから、君を考える」には特典ペーパーが付属する。

「全国書店員が選んだおすすめコミック」は“本のプロ”である書店員の目利きで、おすすめのコミックを一般読者に伝えることを目的とした企画。今年度の1位には九井諒子「ダンジョン飯」が輝いた。

「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」

1位:宝井理人「テンカウント」(新書館)
2位:おげれつたなか「エスケープジャーニー」(リブレ出版)
3位:桜日梯子「抱かれたい男1位に脅されています。」(リブレ出版)
4位:元ハルヒラ「虎穴ダイニング」(プランタン出版)★
5位:スカーレット・ベリ子「四代目・大和辰之」(新書館)
6位:はらだ「よるとあさの歌」(竹書房)★
7位:紀伊カンナ「春風のエトランゼ」(祥伝社)
8位:波真田かもめ「おはようとおやすみとそのあとに」(KADOKAWA)★
9位:夏目イサク「飴色パラドックス」(新書館)
10位:小松「それから、君を考える」(プランタン出版)★
★=特典ペーパー対象作品

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞