コミックナタリー

「Aチャンネル」の黒田bbがシリウス初登場!「夜桜四重奏」の水着ノートも

257

「とりころーる」の扉ページ。

「とりころーる」の扉ページ。

「Aチャンネル」などで知られる黒田bbの読み切り「とりころーる」が、本日2月26日発売の月刊少年シリウス4月号(講談社)に掲載された。黒田はシリウス初登場となる。

「とりころーる」は魔法使いの少女たちのコメディ。成績が悪いシロ子が、大好きなクロナにちょっぴりエッチな魔法をかけてしまうハプニングが描かれる。

さらに今号では、第29回シリウス新人賞の奨励賞を受賞した道明宏明による新連載「さよならジュリエッタ」がスタート。人類が宇宙に進出を果たした遥かな未来を舞台に、超生体兵器「翔姫」として戦場に駆り出される少女たちの過酷な運命を描く。またATLUS原作、ヤスダスズヒトキャラクター原案による松葉サトル「デビルサバイバー」は最終回を迎えた。

4月号の表紙はヤスダスズヒト「夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~」が飾った。付録として水着を着たキャラのカラーイラストがふんだんにあしらわれたノートが同梱されている。このほかSound Horizonのアルバムをソガシイナがコミカライズした、「旧約Marchen」(aはウムラウト記号付きが正式表記)の小冊子第4弾「火刑の魔女(下)」も付属。

コミックナタリーをフォロー