コミックナタリー

「となりの関くん」実写ドラマ、隣に座るヒロイン横井さん役は清水富美加

2788

森繁拓真「となりの関くん」の実写ドラマにてヒロイン・横井るみ役を、「まれ」の蔵本一子役で知られる清水富美加が演じることが決定した。

先生の目を盗み机で遊び続ける男子・関くんと、その姿を隣席で観察する女子・横井さんの関係を描いた「となりの関くん」。授業中という声を出せないシチュエーションにつきセリフは心の声で喋る、独特のキャラを清水がどのように演じるか期待が高まる。

「となりの関くん」は、原克玄「るみちゃんの事象」を原作とした実写ドラマと枠をシェアした連盟番組「となりの関くんとるみちゃんの事象」として放送。関くん役は渡辺佑太朗、るみちゃん役はトミタ栞が演じることが決定している。第1話はMBSにて7月26日24時50分から、TBSにて7月28日25時11分からオンエア。なおauの動画配信サービス「ビデオパス」での独占配信も決定している。

原作者・森繁拓真コメント

横井さん役が清水さんに決まったときは小躍りして喜びました。
柔らかな雰囲気やコミカルな演技がとても魅力的で、まさにピッタリな女優さんだと思います。
ドラマを観る皆さんにとって最高の「となりの席の女の子」になることを期待しています!

監督・細川徹コメント

主役の関くんは、ほとんどしゃべらないから、横井さんの心の声でドラマは、進む。つうか、心の声をしゃべってる横井さんの顔を撮らないといけないから、なんなら、撮影現場では、主役の2人はしゃべってなくて、横井さんの心の声を読んでる俺しか台詞らしい台詞を発してない。まあそれはいいんだが、清水さんは、その心の声にあわせた芝居をするわけだが、大きく表情でリアクションする方が面白かったり、真顔の方が面白かったりするわけだが、清水さんは、その辺の勘がとてもよいです。笑いがわかる女優は、どんな役でも出来ると思っているので、いろんな役をやってる清水さんを見てみたい。今度は、まあまあ実際にしゃべる役でも、ご一緒しましょう。

横井るみ役・清水富美加コメント

「となりの関くん」は、周りで読んでいる人が多いので出演することに謎の申し訳なさがあります(笑)。
しかしなるべく横井さんに近付いて、でも自分の良さも失わずに望めたら良いなと思います。
台詞でのお芝居が少なく、リアクションでのお芝居が多いので、難しくて奮闘してます。楽しんでいただけたら幸いです。

ドラマ「となりの関くんとるみちゃんの事象」

MBS:2015年7月26日(日)から毎週日曜24:50~
TBS:2015年7月28日(火)から毎週火曜25:11~
※30分×全8話

「となりの関くん」

原作:森繁拓真
演出:細川徹、平林克理
脚本:細川徹
制作:ダブ
製作:ドラマの関くん製作委員会・MBS

「るみちゃんの事象」

原作:原克玄
演出:月川翔、深迫康之
脚本:月川翔
制作:ダブ
製作:るみちゃんのドラマ製作委員会・MBS

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】