舞台「アンフェアな月」第2弾「~刑事 雪平夏見シリーズ~『殺してもいい命』」 PR

舞台「アンフェアな月」第2弾「~刑事 雪平夏見シリーズ~『殺してもいい命』」松田凌×中村優一|雪平夏見を見守る2人が互いを分析

麻里子さんのそばにいれば安藤になれる(松田)

──菅野さんに、篠田麻里子さんと雪平夏見の共通点を伺ったところ、「生きることに貪欲」であること、とおっしゃっていました。松田さんと中村さんはそれぞれ雪平夏見と関係の深い役柄を演じられますが、お二人から見て篠田さんと雪平のどういった点が共通していると思いますか?

中村 ……Sなところ?

松田 ははは!

中村優一

中村 原作を読んでいると、佐藤もきっと雪平の尻に敷かれていたんだろうなっていう描写があるじゃないですか。俺も普段、篠田さんからすごくイジられるんですよ。

松田 麻里子さん、イニシャルもSですからね(笑)。

中村 ホントだ!(笑)

松田 端的に言えば、麻里子さんと雪平夏見の共通点は芯の強さと“眼”ですね。麻里子さんと初めてお芝居をした際、麻里子さんの眼を見て「ああ、雪平夏見ってこういう人だよな」って思って。「安藤としてどう振る舞えばいいのか」じゃなくて、「この人のそばにいれば安藤になれる」ってそのときに感じました。

──お二人にお話を伺って、「殺してもいい命」がどんな演劇作品になるのか、さらに楽しみになりました。

中村 もしまだ原作を読んでいない方がいたら、そのままの状態で観に来てほしいですね。もちろん、物語の流れを知っているからこそ、舞台版がどうなっているのかを楽しんでいただけますし、原作を知らない方にはキャストと一緒に推理をしながら観劇する面白さがあると思うんです。

松田 ある種、参加型ですもんね。

中村 誰が犯人かということを推理する以外にも、犯人や犯人候補が抱えている思いに触れてもらえたらきっと面白いと思います。さまざまな楽しみ方ができる作品なので、ぜひ劇場に来てドキドキしてください!

左から松田凌、中村優一。

菅野臣太朗が語る、舞台「刑事 雪平夏見シリーズ」 この演劇は、作品ではなく、事件だ

Q1. 篠田麻里子と雪平夏見の共通点は?

篠田麻里子さんは「懐の深い女優さん」だと感じています。前作で初めてご一緒させていただいたのですが、稽古の初期段階から、毎日ベストなコンディション調整をして稽古に挑むストイックな姿勢。自分なりの演技プランも考えてきつつも、こちらの演出プランをうまく咀嚼する器用さと度量。女性としての力強さとしなやかさを持ちつつも、ふと稽古場を和ませるかわいさを身に付けていらっしゃる。

篠田麻里子さんが演じる雪平夏見は、原作の設定にそのような人物像が加わった新しい雪平夏見だと思っています。
また僕なりの篠田麻里子さんと雪平夏見の共通点は「生きることに貪欲だ」って部分です。

Q2. 舞台だからこそ表現できる「刑事 雪平夏見シリーズ」の面白さは?

やはり刑事ものを演劇でやることじゃないでしょうか。なかなかないと思うんです。
演劇で普段の生活では覗くことのできない警察の内側を描くって。
そして、この舞台シリーズはテレビドラマではなく、原作の小説を基盤として創られています。なので、激しい銃撃戦などはありませんが、濃厚で濃密な人間の本質を突くような場面がつづられます。その臨場感を劇場という空間で体感していただきたいと思います。
この演劇は、作品ではなく、事件です。

菅野臣太朗(スガノシンタロウ)
1974年生まれ、長野県出身。99年にエンゲキユニット ヰタ・マキニカリスを旗揚げ。「人間の可笑しさや生きる力をテイストとした笑いながら泣けるコメディ」をモットーに脚本・演出家として活動している。