mosaïque season1 REAL‐LOVE File1「PRISM」 PR

mosaïque「PRISM」女優S 大平峻也|性別を超え、2つの立場から語る作品への思い

中井由梨子率いる渋谷発のガールズユニット・mosaïqueが始動。脚本家・ホワイトとその恋人である俳優・ソラの“究極の愛”を描いた旗揚げ公演「PRISM」で、大平峻也が女優Sとして舞台に立つ(参照:大平峻也が女優Sとして舞台に立つ「人生を賭けて臨みたい」)。女優業に初挑戦するS、Sとしてヒロインを演じる大平、2つの立場から大平が語った思いとは?

取材・文 / 興野汐里 撮影 / 三浦一喜

女優Sインタビュー

私、この人に人生を預けてもいいんじゃないかな

──Sさんにとって記念すべき初舞台のフィールドに、中井由梨子さん率いるmosaïqueを選んだ決め手は何だったのでしょうか?

S

S (大平)峻也が出演した由梨子さんの作品「EarthRise~世界のはじまりに君に逢いにいく~」(2014年)を通じて、由梨子さんは作品愛にあふれた素敵な方だなと思っていたんです。そのあと今作「PRISM」のお話をした際に、由梨子さんが「自分のすべてを賭けてこの作品を上演する」とおっしゃっていて。その言葉を聞いて、「私、この人に人生を預けてもいいんじゃないかな」って思ったんです。峻也が信頼している人の作品から自分の女優人生がスタートするのはとても光栄なことだと思ったので、今回お引き受けすることを決めました。

──Sさんは、これまで女優という職業に対してどんなイメージを持っていましたか?

S 華やかだなと思う反面、女優さん同士は“何かある”と噂で聞いていたりもしたので、正直ちょっと怖いイメージがありました(笑)。でも実際にmosaïqueの稽古に参加してみたら、みんな信頼関係が厚くて、人間味あふれる方ばかりだったんです。自分が想像していたほど怖い世界ではなくて、ここから夢が広がっていくんだろうなという予感で今はワクワクしています。

──渋谷発のガールズユニットと銘打たれたmosaïqueには、多くの女性キャストや女性スタッフが参加しています。また今回の作品のコンセプトにも“女子会”というキーワードが入っていますが、稽古場はどんな雰囲気ですか?

S

S みんなに受け入れてもらえるかなという不安が最初はあったんですが、mosaïqueの皆さんは温かく迎え入れてくださって。初めての現場だからどうしても飲み込むまでに時間がかかっちゃうんですけど、相手役の南(千紗登)ちゃんは特に親身になって相談に乗ってくれて本当に助かってます。

──アイドルカレッジのメンバーとしても活動する南千紗登さんは、今回男装にも挑戦し、Sさん扮するホワイトの恋人・ソラ役を演じます。

S 南ちゃんってけっこう、感覚的にお芝居をする方なんです。私が「ここってどんな感情なんだろう?」って悩んでいると、「とりあえず1回やってみようよ」って手を引いてくれて。南ちゃんがしっかり感情を受け止めて言葉を返してくれるから、何も考えなくても自然とホワイトになれるんです。とにかく彼女について行ったら間違いないんだろうなって思いながら稽古してますね。普段生活している中で、男の人に近くに来られたとき、キャッてなるじゃないですか? あの感覚と同じで、南ちゃんと顔が近付くシーンでドキッとしちゃうんです(笑)。女優同士がカップルの役を演じるとどうなるのかと思っている方もいらっしゃると思うんですけど、それすら感じさせないリアルなお芝居になっていくんじゃないかなって思います。

mosaïque、そして私自身にとっての挑戦

──ここからは脚本・演出の中井さんも交えて、作品や役作りについてお話を伺えればと思います。

S S

S 私が演じる脚本家・ホワイトのモデルは由梨子さんご自身なんですが、由梨子さんの人生をなぞるのではなく、あくまでホワイトという独立した存在として捉えています。どこまでがフィクションで、どこからがノンフィクションなのか、みんな由梨子さんから聞き出そうとしてますね。対演出家としてではなく、同じ女性として(笑)。私も直球では聞けないんですけど、女優として脚本の解釈はちゃんとしたいから、「これは本当にあったエピソードですか?」って聞いたりします。いやー、楽しいですねー。女子校ってこんな感じなのかな?(笑)

中井由梨子 確かにみんな意地悪く探ってくるよね(笑)。

S ホワイトのほかにもいろいろな個性を持った女性たちが登場するので、お客さんも必ず誰か1人は共感できるキャラクターがいると思うんです。彼女たちが困難を乗り越えていく姿を見て、「私もがんばろう」って感じてくれたらいいなって思って。でも女性だけじゃなく、男性にもぜひ観てほしいんです。この作品を観た男性のお客さんは、「女性ってこんなにえげつないことを考えてるんだ」「女性って自分たちが考えているより本心を口に出さないんだ」って思うかもしれないし、いろいろな意味で女性を見る目が変わるかもしれないけど、性別を問わず、観に来てくださった方の心に何かを残せる舞台になったらいいなって思います。

中井 今、初めて彼女の考えを聞いたんですけど、よくわかってるなって感心しました。初舞台とは思えない!(笑)

──私もお話を伺っていて逞しいなと思いました。それでは最後に、これからどのような女優を目指していきたいか、今後の抱負をお聞かせください。

S mosaïqueが中井さんにとって挑戦であるように、この作品に出演することは自分にとって大きな意味があると思っていて。由梨子さんの世界観を体現して、mosaïqueをさらに大きなステージへ押し上げていくことが、私の女優として最初の目標です。mosaïqueは私の“最初の居場所”だから、この公演を絶対に成功させたいし、いろいろな方に観てほしい。皆さんも“共犯者”になってください。

mosaïque season1 REAL‐LOVE
File1「PRISM」
2018年5月11日(金)~14日(月)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER
mosaïque season1 REAL‐LOVE File1「PRISM」
  • 脚本・演出:中井由梨子
  • 出演:南千紗登、S、朝井莉名、小板橋みすず、相原えみり、諸治蘭 / hoval、KOSEN / 高山典子(バイオリン演奏) / 瀬川ももえ(友情出演)
S(エス)
mosaïque season1 REAL‐LOVE File1「PRISM」で女優デビューを果たす。
大平峻也(オオヒラシュンヤ)
1994年東京都出身。2011年から翌12年にかけて「ミュージカル『テニスの王子様』」2ndシーズンで加藤勝郎役を演じ、人気を博す。15年からは「ミュージカル『刀剣乱舞』」に今剣役として出演。このほか代表作に、「プレゼント◆5」「舞台『カードファイト!! ヴァンガード』~バーチャル・ステージ~」「厨病激発ボーイ」などがある。
中井由梨子(ナカイユリコ)
1977年兵庫県出身。劇作家・演出家・演技指導講師。96年、神戸で旗揚げされたガールズ劇団・TAKE IT EASY!に座付き作家として入団。2005年に活動拠点を関西から東京へと移す。10年、劇団中井組の座付き作家・演出家に就任し、13年まで活動。18年2月にmosaïqueを結成。近年の代表作には、「Earth Rise~世界のはじまりに君に逢いにいく~」(脚本・演出)、舞台「城下町のダンデライオン」(演出)、舞台「OZMAFIA!!」(演出)などがある。