ナタリー PowerPush - 乃木坂46

西野七瀬が掛川花鳥園で過ごす1日

「制服のマネキン」から意識がガラッと変わった

──乃木坂46のCDデビュー後、西野さんは毎回選抜メンバー入りしてますが、特に「あれ、西野さんってこんなにすごかったんだ!」と目につくようになったタイミングがあって。たぶん昨年末の「制服のマネキン」の頃から意識するようになって、今年3月の「君の名は希望」の頃にはかなり目を惹かれるようになってました。

えー、いやいや、そんな(笑)。

──何かこう自分の中で意識が変わったとか、モチベーションが高くなったとか、そういうことが最近ありましたか?

西野七瀬

最近ですか? 意識がガラッと変わったのは4枚目(「制服のマネキン」)からですね。(3rdシングル「走れ!Bicycle」での)七福神(現在の八福神)から落ちて悔しくて、マイナスの気持ちを活力にしてたんですよ。絶対に目立ってやるって。で、「君の名は希望」のときもまた八福神に入れなかったけど、あのときはマイナスよりもプラスの気持ちが強くて。それがよかったんですかね。

──そのプラスの気持ちというのは?

なんだろうなあ……別に八福神入りを諦めたとかじゃないんですけど。「制服のマネキン」のときは、八福神にこだわってたと思うんですよ。だから悔しさも大きかったけど、「君の名は希望」ではその気持ちが少し薄れてきて。例えば前に出なくても、この子にはこういう役割があるんだよってことがだんだんわかってきたんです。

──周りを見渡せる余裕がちょっと出てきた?

そうだと思います。

乃木坂に入って人間的に学んだことが多い

──先日の「16人のプリンシパル deux(ドゥ)」でもダンスや演技が際立ってました。主要10役すべてにトライして見事制覇したわけですが(参照:乃木坂46「16人のプリンシパル deux」大阪で感涙の千秋楽)。

西野七瀬

たぶん前までだったら絶対に挑戦してなかったと思います。絶対に逃げて、新しい役にはいかなかったと思うし。自分でも意外です。よくやったなって思います(笑)。前は本当にそういう人間じゃなくて、地味にいる……一番上でも下でもなく、真ん中の下らへんにいる子でしたから。目立つことがすごい苦手で、人前で話すのも嫌いだったし、人の目を見るのも苦手だったんです。だから「ああ私、変わったんだな」って思いますね。

──それは乃木坂46として活動していく中で、いろんなことを経験して学んだ結果、成長できたと?

そうですね。失敗したり、「ダメだったな」って後悔したりするようになってから。

──前はそういうふうには考えなかった?

たぶん。私は頑固なんで、前はこうすればよかったって素直に思えなかったんだろうなって。

──じゃあ乃木坂46に入ったことで、いろんな苦手を克服できたんですね。

だから入ってよかったです。アイドルとしてというより、人間的にいろいろ学んだこと、知れたことが多いんで(笑)。

──でもすごいと思いましたよ、あの演技は。ちゃんとそれぞれの役になりきっていて。

正直それぞれの役をもう1回ずつぐらいやりたかったなって思います。1回だけだと、どうしても完璧にできないし……それは1回で完璧に演じることができない自分が悪いんですけど。でも全役をもう1回やりたいとか言い出したら、公演数が半端ないことになるので、それはそれで困ります(笑)。矛盾してますね(笑)。

──いい意味で欲が出てるんでしょうね。

だと思います。私、負けず嫌いみたいです。とはいっても、こういうときにしか出ないんですけど。普段は「乃木どこ」(テレビ東京系で放送中のレギュラー番組「乃木坂って、どこ?」)でも全然しゃべれないんで、そういうときにも負けず嫌いな気持ちが出たらいいのになって思います(笑)。

嫌いな言葉は「ライバル、アピール、オーディション」

──乃木坂46に入ってから、将来こうなりたいという目標はできましたか?

うーん……なんか将来のことを考えるの怖くて、今もあんまり考えてないですね。やりたいことはいろいろあるんですけど、どれが向いてるのかなって、守りの態勢に入っていて。

──仕事に対する意欲はあるわけですよね?

そうですね、もっと仕事が来たらいいなって。それはメンバーみんな思ってるんじゃないかな。仕事の内容を知らされたときに、自分の名前がなかったりすると落ち込みますし。そんな中にアンダーの子の名前が入ってるのを見ると……前に思った「この子にはこういう役割」っていうのを改めて実感して、「今回はこの子だったけど、次は大丈夫」って前向きに思えるんですよ。

──もっと仕事がしたいとは口にしない?

西野七瀬

したいけど言えない。それがダメなところなんですよね。一生懸命やることはいいと思うけど、がっついてるのを見るとちょっと引いちゃう。一生懸命とがっつくのってちょっと違うじゃないですか。一生懸命やってるからって自分から仕事を引き寄せるわけでもないし、がっついてるから仕事がくるわけでもない。難しいですね。私、ライバル、アピール、オーディションって言葉が大っ嫌いなので。

──それは昔から?

はい、乃木坂に入る前から。アニメとかでも許せないんですよ、「ライバルって何?」みたいな……難しい。私どうしたらいいんだろう……。

──そこと葛藤しながら、うまく乗り越えたときに1つ新しい道が開けるのかもしれないですね。

開けたらいいですね。できれば10代のうちに。

ニューシングル「ガールズルール」 / 2013年7月13日発売 / Sony Music Records
Type-A [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8315~6
Type-B [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8317~8
Type-C [CD+DVD] / 1600円 / SRCL-8319~20
通常盤 [CD] / 1000円 / SRCL-8321
Type-A CD収録曲
  1. ガールズルール
  2. 世界で一番 孤独なLover
  3. コウモリよ
  4. ガールズルール(off vocal ver.)
  5. 世界で一番 孤独なLover(off vocal ver.)
  6. コウモリよ(off vocal ver.)
Type-A DVD収録内容
  1. ガールズルール(MV)
  2. 世界で一番 孤独なLover(MV)
  3. 16人のプリンシパル@PARCO劇場(ダイジェスト)
Type-B CD収録曲
  1. ガールズルール
  2. 世界で一番 孤独なLover
  3. 扇風機
  4. ガールズルール(off vocal ver.)
  5. 世界で一番 孤独なLover(off vocal ver.)
  6. 扇風機(off vocal ver.)
Type-B DVD収録内容
  1. ガールズルール(MV)
  2. 扇風機(MV)
  3. 初夏の全力!乃木坂46大運動会
Type-C CD収録曲
  1. ガールズルール
  2. 世界で一番 孤独なLover
  3. 他の星から
  4. ガールズルール(off vocal ver.)
  5. 世界で一番 孤独なLover(off vocal ver.)
  6. 他の星から(off vocal ver.)
Type-C DVD収録内容
  1. ガールズルール(MV)
  2. 他の星から(MV)
  3. Making of 6th Single
通常盤 CD収録曲
  1. ガールズルール
  2. 世界で一番 孤独なLover
  3. 人間という楽器
  4. ガールズルール(off vocal ver.)
  5. 世界で一番 孤独なLover(off vocal ver.)
  6. 人間という楽器(off vocal ver.)
乃木坂46 (のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33名が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコン週間ランキングで初登場2位を記録し、20万枚を超えるセールスを記録した。同年5月に「おいでシャンプー」、8月に「走れ!Bicycle」、12月に「制服のマネキン」、2013年3月に「君の名は希望」を発売し、すべてオリコン週間ランキングで初登場1位を獲得。同年5月には2期生が加入した。7月3日に6thシングル「ガールズルール」をリリース。