音楽ナタリー Power Push - J

ロッカーであり続ける男の原動力

Jのライブ&ドキュメンタリーBlu-ray / DVD「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」が3月16日にリリースされる。今作はソロワークスの節目を飾る通算10作目のアルバム「eternal flames」(2015年9月発売)を携えて行われた全国ツアー「J LIVE TOUR 2015~2016 -light up the eternal flames-」の東京・赤坂BLITZ公演のライブ映像や、レコーディング風景、ツアー密着映像などが収められた作品で、Jが音楽と向き合う姿勢を感じられる内容となっている。

音楽ナタリーでは、今作の発売を記念して本人へのインタビューを実施。J自身、さらにはLUNA SEAにとっての節目が重なった2015年の活動を振り返ってもらったほか、今のロックシーンに対する思いや、自身がベーシスト、ロッカーであり続ける原動力などについて話を聞いた。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 西槇太一 ライブ撮影 / MASA

  • 293

    263

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jを知るきっかけに

──ライブ&ドキュメンタリー映像作品「CRAZY CRAZY」シリーズは今回で5作目になりますね。

「CRAZY CRAZY」はライブ、レコーディング、ツアーの移動中とか、俺のあらゆる日常の一部をピックアップして、刺激的な映像作品ができればという考えから始まったものなんだけど、映像作品にすることで自分では客観できないところも見えてきてね。ライブ以外にもツアーの移動中や楽屋にいるときに起きてる出来事は俺自身にとっても面白いものだし、「CRAZY CRAZY」シリーズはそんな俺の活動についてもっと深く知ってもらえるきっかけになってると思う。今作は去年リリースした通算10枚目になるソロアルバム「eternal flames」を作っているときのことや、それを携えた全国ツアーの中で起きたことがたくさん詰まった作品になってるんだ。

──昨年はJさんにとって大きな節目の年になったという印象があります。改めて2015年はどんな1年でしたか?

いろんな節目が重なった1年だったね。LUNA SEAは結成25周年を迎え、それを記念したツアーをやったし、「LUNATIC FEST.」も開催した。ソロでは10作目のアルバム「eternal flames」をリリースして、たくさんライブをやって。俺がベーシスト、ロッカーとして昔から見続けてきたいろんな景色が頭の中で蘇ってくることが多かったよ。そういう意味では、2015年はこれまでの活動の先にある未来に向かってさらに飛躍するための時間を過ごしていたんだろうね。ソロ活動を始めた頃は10枚もアルバムを出すなんて思ってなかったよ。そもそも計画性というものからは程遠い生き方をしてきたヤツだったからさ。

──「LUNATIC FEST.」は25周年にふさわしく非常に豪華な顔ぶれでしたが、Jさんは以前から先輩後輩を問わず多数のアーティストを迎えたイベントをご自身で開催してきました。ソロでイベントをやるにあたって、心がけてきたことはありますか?

ソロでイベントをやるなら俺自身のルーツに対して忠実でありたかったし、自分自身が目覚めるきっかけになった音楽へのリスペクトも込めてね。純粋にカッコいいバンドサウンドを追いかけて、声をかけさせてもらったりしながらやってきたっていうのはあるかな。そうやっていろんなバンドとライブをするのは自分がこれまでに経験してきたことだから、「LUNATIC FEST.」をやるにあたって俺なりの感覚をメンバーに伝えた部分はあったよ。

──どういったことを伝えたんですか?

2016年2月7日の東京・新宿BLAZE公演の様子。

イベントをやるならしっかりとした主義主張があるべきだし、「ここまで活動してきたLUNA SEAだからこそ、やらなきゃいけないことがあるよね」って。フェス文化が根付いてきた昨今、淘汰されていくものも絶対にあるだろうし、だからこそ自分たちにしかできないことを実現させたいという気持ちがなければ、おかしなことになると伝えたんだよね。あのそうそうたるメンツがそろってくれただけでも奇跡みたいなもんだけど、俺たちが主催するフェスはありえないことの連続が起こっていてほしかったからさ。

音がカッコよければスタイルもカッコよく

──Jさんから見た今のロックシーンの印象を聞かせてください。

今のバンドはすごいと思うよ。みんな当たり前のようにうまいし、曲もよくできてるし、昔とは比べものにならないくらい成熟してる。だからこそそこから這い上がるのって大変だよね、バンドの数自体も多いし。でも俺らが若い頃にも上手なバンドはたくさんいたし、今以上に個性的でアクの強い人は多かったな。いくらうまくても、相当なインパクトがないとのし上がっていけなかったんだよ。

──今も昔も成功するのは容易なことでないですよね。では今のリスナーはアーティストに何を求めていると思いますか?

新しいヒーロー、ロックスターが出てくるのをみんな待ってるんじゃないかな。めちゃくちゃにやって、この世の中をひっくり返すくらいの存在を。そんな次世代のロックスターがいつ出てくるのか俺も興味深く見てるよ。

──Jさんも数多くのファンを魅了していて、特に男性ファンがJさんに“惚れている”ような印象があるのですが、あえて自己分析をするとしたらその理由はなんだと思いますか?

J

俺自身も楽器を持つ前、「こんなふうになりたいな」と憧れを抱いて過ごしてた頃は当然あってさ。どういう人がカッコよくて、どういうのが嫌だっていう判断基準が自分の中にもう自然にインプットされてるんだろうと思うんだよね。だから今までの自分自身の立ち振る舞いや発言は意識せずに出てるだけなんだと思うんだけど。

──自然体というのもポイントかもしれませんね。

カッコいい人はもれなく好きだし、そういう存在を見ると自分もカッコよくありたいと当然思う。俺自身、自分のスタイルをずっと探してたし、それはベースサウンドにしてもそう。「出したい音がなんでこのベースアンプから出ねえんだよ!」みたいな時期もあったしね(笑)。試行錯誤を何度も繰り返して自分の鳴らしたい音をつかんでいったし、今のスタイルはいろんなものにぶつかったり、挑戦したりしながら手にしていったものだからね。いろんなこと試してきたけど、カッコいい音を出すなら、鳴らすヤツ自身もカッコよくなきゃってシンプルに思うよ。

ライブ&ドキュメンタリーBlu-ray / DVD「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」/ 2016年3月16日発売 / ONECIRCLE
「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」Blu-ray Disc / 8424円 / CTBR-14905~6
「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」DVD2枚組 / 8424円 / CTXR-14907
収録内容
  1. Opening
  2. Go Charge
  3. Verity
  4. Document 1
  5. PYROMANIA
  6. Document 2
  7. Rollin'
  8. I know
  9. Document 3
  10. Sixteen
  11. go crazy
  12. Document 4 -Immortal galaxy-
  13. Jayne
  14. wall
  15. Document 5
  16. GO with the Devil
  17. Document 6
  18. BUT YOU SAID I'M USELESS
  19. Document 7
  20. never gonna die
  21. addiction
  22. break
  23. Document 8
  24. Believer
  25. NOWHERE
  26. Feel Your Blaze
  27. Ending

<MUSIC VIDEO>

  • I know
J LIVE TOUR 2015~2016 -TOUR the eternal flames FINAL-
2016年5月5日(木・祝)大阪府 BIGCAT
2016年5月7日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI
J Birthday LIVE 2016 -Special 2 Nights-
2016年8月11日(木・祝)東京都 赤坂BLITZ
<出演者>
J / DOOM
2016年8月12日(金)東京都 赤坂BLITZ(※ファンクラブ「F.C.Pyro.」限定)
<出演者>
J
J(ジェイ)
J

1992年、LUNA SEAのベーシストとしてアルバム「IMAGE」でメジャーデビュー。1997年のバンド活動休止期間にシングル「BURN OUT」でソロデビューを果たす。2000年12月のバンド終幕以降、本格的なソロ活動を開始。LUNA SEA時代からソングライターとして知られる彼ならではの、パワフルでパンキッシュなロックサウンドが高い支持を得る。2003年にはソロとしては初となる東京・日本武道館でのライブを敢行。また楽器メーカーESPから発売されているJオリジナルモデルのベース販売数は累計で5万本に達し、世界でもっとも売れているアーティストモデルのベースとなっている。2008年にLUNA SEAが“REBOOT”(再結成)して以降は、ソロと並行して音楽活動を展開。2015年9月に通算10枚目のオリジナルフルアルバム「eternal flames」をリリースしたのちに全国ツアーを開催した。2016年3月、「eternal flames」のレコ発ツアーのライブ映像とレコーディングドキュメンタリーを収めた映像作品「CRAZY CRAZY V -The eternal flames-」を発表。5月に大阪と東京で最新作のレコ発ツアーの追加公演「J LIVE TOUR 2015~2016 -TOUR the eternal flames FINAL-」を実施し、8月には自身の生誕ライブ「J Birthday LIVE 2016 -Special 2 Nights-」を開催する。