GARNiDELiA PR

GARNiDELiA|ガルニデ色を突き詰めた集大成的ダンスチューン

GARNiDELiAにとって2018年第1弾作品となるシングル「Error」がリリースされた。

表題曲は、彼らが水島精二監督からアニメ「BEATLESS」のオープニングナンバーとしてオファーを受けて書き下ろしたダンスチューン。EDMに振り切ったスタイリッシュなサウンドと、メイリアの感情を抑えた歌声が印象的なナンバーだ。今回のインタビューでは、GARNiDELiAの真髄であるダンスサウンドを突き詰めた新曲の話題を中心に話を聞いた。

取材・文 / 須藤輝

アニソンっぽくなくて、いいんですか?

──表題曲「Error」は、これまでになくクラブミュージックに接近した曲になりましたね。

toku(Key, Compose) アニメ「BEATLESS」のオープニングということで、監督の水島(精二)さんと、楽曲を制作する前にミーティングさせていただいたんですよ。で、水島監督は「EXXXTASY」(2ndアルバム「Violet Cry」に収録)という曲を聴いてくださっていて「この感じで、よりEDMに振ったサウンドでお願いできますか?」と。アニメの内容も近未来SFなので、それに合うデジタルなダンスナンバーというオーダーをいただきました。

メイリア(Vo) ふふふ(笑)。

──こう言っていいのかわからないですけど、この曲ってアニソンっぽくないですよね。

toku まさに「アニソンっぽくないものを作ってほしい」って。

メイリア 「いいんですか?」ってなったよね。「やりたいようにやっちゃいますよ?」って確認したら「いや、やってほしいからお願いしたんです」とおっしゃってくださって。うれしいですよね。

──結果、できあがった曲にOKを出した水島監督もなかなか。

メイリア 私たちも覚悟してたんですよ。「たぶん、これリテイク来るな」って。でも蓋を開けてみたら一発でOKで、「えっ、本当に!?」みたいな。

toku むしろ「もうちょっとワブルベース足してもらっていいですか?」なんて言ってくださったり。「もっと攻めていいの?」ってなりましたね。

メイリア そうそう。面白かったなあ。

デビューして以来の集大成になる曲

──前のシングルの「アイコトバ」は、アニソンっぽいアニソンをパロディ的に作った曲だったのに(参照:GARNiDELiAインタビュー|好きなものは好き! ポップに振り切ったキラキラの「アイコトバ」)、今回はアニソンらしくないアニソンを作るっていう。その制作はどのように?

toku(Key, Compose)

toku 今回は、EDMのトラックに乗っかる日本語をどう扱うべきかっていう部分に一番頭を使ったかなと思っていて。要するにEDMって、突き詰めると歌詞を乗せる余地がなくなってくるんですよね。かと言って、今回の曲は例えばトロピカルハウスみたいにメロディアスで甘い感じにするのもちょっと違うし。やっぱり、音が少ないほどカッコよくなるジャンルでもあるじゃないですか。

メイリア そうだよね。

toku だからあんまり歌詞で説明したくない。「でも、日本語って説明したがりな言語だよなあ」みたいな板挟みになり……っていう感じでだいぶ悩んだんですけど、メイリアがトラックにハマる歌詞を書いてくれたこともあり、現時点ではベストと思える形が作れたかなと。

──音そのものにもだいぶ凝られてますよね。例えばド頭で鳴るシンセリードの音の太さとか絶妙で。

toku ありがとうございます。あの太さって、マスタリングまでしないとどうなるかわからない部分があるんですよね。つまりマスタリング済みの音を想定して曲を作る必要もあって。あと当然、歌が入ってきたらシンセは後ろに引っ込んでもらわないといけないし。でも、ちゃんと表に出てほしいし……っていうのもかなり研究しました。

──実際、音のメリハリも利いています。めちゃくちゃシンセが鳴ってるのに、あくまで歌を立てていますし。歌を立てるという意味では、例えばサビは、ストリングスの上モノが乗ってはいますが、ほとんどキックだけで構築されていたり。

toku 今回、キムケン(木村健太郎)さんというマスタリングエンジニアの方と初めてご一緒させていただいたんです。キムケンさんは電気グルーヴさんとか、テクノ方面でも活躍されているので、彼のおかげでこの曲のよさが出たなっていう感触は大いにあります。

メイリア やっとたどり着けた感があるよね。「デジタルなサウンドと、ダンスミュージックと、日本語の歌の融合って、どうやったらカッコよくできるんだろう?」っていうのを、ここ最近はずっと研究してきて。音の鳴り方も含めて、かなり理想的な仕上がりになったんじゃないかと思います。

toku うん。デビューして以来の集大成になる曲ができたという意味でも、すごい満足してますね。結局、僕らはいろんなミュージシャンやエンジニアの力を借りて音楽を作っていますけど、ここにたどり着くには、やっぱり自分1人でやらなきゃいけないこともある……と言うか、今回は自分でやらなきゃいけないこと多すぎたなって(笑)。

メイリア ミックスも自分でやってるしね。

toku 実験に次ぐ実験でした。

GARNiDELiA「Error」
2018年1月31日発売 / SACRA MUSIC
GARNiDELiA「Error」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1620円 / VVCL-1156~7

Amazon.co.jp

GARNiDELiA「Error」通常盤

通常盤 [CD]
1296円 / VVCL-1158

Amazon.co.jp

GARNiDELiA「Error」通常盤

期間生産限定盤 [CD+DVD]
1620円 / VVCL-1159~60

Amazon.co.jp

©2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

CD収録曲
  1. Error
  2. anymore
  3. 君が生まれた日
  4. Error instrumental
  5. Error TV Size ver.(期間生産限定盤CDのみ)
初回限定盤DVD収録内容
  1. Error Music Video
  2. ORiGiNAL(stellacage TOUR 2017 ~Cry Out~)
  3. BLAZING(stellacage TOUR 2017 ~Cry Out~)
  4. 変わらないモノ(stellacage TOUR 2017 ~Cry Out~)
期間生産限定盤DVD収録内容
  1. Error Music Video
GARNiDELiAワンマンライブツアー
  • 2018年4月7日(土)大阪府 BananaHall
  • 2018年4月14日(土)愛知県 ElectricLadyLand
  • 2018年4月29日(日・祝)東京都 中野サンプラザホール
GARNiDELiA(ガルニデリア)
モデルとしても活躍するメイリア(Vo)と、さまざまなアーティストへ楽曲提供を行うtoku(Key, Compose)からなるユニット。2014年3月、アニメ「キルラキル」の後期オープニングテーマ「ambiguous」でメジャーデビューする。その後も数多くのアニメソングのテーマ曲を手がけ、2015年1月にメジャー1stアルバム「Linkage Ring」を、8月にはインディーズ時代の楽曲を集めたベストアルバム「BiRTHiA」を発表した。2016年8月に表題曲がアニメ「クオリディア・コード」のエンディングテーマに採用されたシングル「約束 -Promise code-」、12月に2ndフルアルバム「Violet Cry」をリリース。2017年6月に映画「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」の主題歌「SPEED STAR」をシングルとして発表する。海外での活動も活発で、2017年5月には中国・上海で単独公演を行った。秋には「GARNiDELiA stellacage Asia Tour 2017」と題しアジアツアーを行った。11月にアニメ「アニメガタリズ」のオープニングテーマ「アイコトバ」をシングルリリース。2018年1月にアニメ「BEATLESS」のオープニングテーマとして書き下ろした「Error」をシングルとして発表した。