リクルート「Follow Your Heart & Music」 PR

Saucy Dog「Follow Your Heart & Music」|挑戦する人へ贈る、仲間にもらった言葉

演奏シーン撮影でスイッチが入るSaucy Dog

──そんなMVの見どころを1つ挙げるとしたらどこですか?

石原慎也(Vo, G)

石原 制服姿ですね……違うか(笑)。

せと 秀くんの演技力を見てほしい。セリフはないんですけど、表情とか動きだけで気迫が伝わると思うので。

石原 MVを含めて「ゴーストバスター」という作品を作った感覚なので、単純に1つの物語として楽しんでほしいです。

秋澤 僕らの超たどたどしい演技に注目ですね(笑)。あと演奏シーンだけは僕らカッコいいなと思います。

せと それは私も思いました! 演奏シーンを撮ったときに「キタ!」っていう感じがして。そこからは秀くんがスイッチ入るのと同じで、「やっぱこれやな」っていう感覚はありました。

石原 秀くんも言ってた。「俺は演技のとき勝手にスイッチ入るけど、みんなは音楽やってるときに勝手にスイッチ入って、お互いすごいということに変わりないよね」って。「実際に俺もすごいって思うし」と言ってくれて「いい人……!」と思いました(笑)。

──新曲を書き下ろし、コラボMVを作った今回のリクルートの企画「Follow Your Heart & Music」での“挑戦”の感想を教えてください。

せと すごく刺激をもらえました。曲作りがうまく進んでいなかった状態のときにお話をもらったので、まず曲を作る刺激をもらえて。違う夢を持っている俳優さんとコラボしたことで、尊敬もできたし「私もがんばろう」って思えた。

石原 視野が広がったよね。自分たちが今考えてることがちっぽけに思えてくるくらい。やってもないことをできないと思わないようにしようと思いました。やってみたらできることって絶対あるし、実際に今回だってできたから。

挑戦の原動力は

──これまでのバンド活動の中で「これは大きな挑戦だった」と思うことは何かありますか?

秋澤和貴(B)

秋澤 個人個人の挑戦がバンドとしての挑戦になると思っていて。僕個人でのことで言うと、言い出したらキリがないんですけど、ライブでの動きとか、フレーズとか……前はがむしゃらにやってるだけでしたけど、今は「どうやったらもっとよくなるか?」を考えて常に新しいことに挑戦しています。

せと バンドをやってると全部が挑戦な気がします。できないことがたくさんある中で「今日のライブではここだけは絶対に成功させよう」と毎回課題を考えてるし、曲作りのときも今までにやったことないことに挑戦してる。

石原 ライブで言うと……どうやったらお客さんに楽しんでもらえるのかな?っていうのは常に考えてますね。最近フェスに出させてもらうようになったんですけど、まだ全然フェスに慣れていなくて。先輩のライブを観て「俺らもこういうふうにしたらもうちょっと楽しんでもらえるのかな?」とか考えたりしていますね。自分たちが楽しいことをお客さんにも楽しんでもらうっていうのは、筋が通ってることなのに難しい。

──ライブや曲作りでの挑戦を挙げてくださいましたが、その挑戦の原動力になっているものは何ですか?

せと 私は不安です。私は「今サウシーを好きって言ってくれてる人が、いついなくなっちゃうかわからない」とすごく思うタイプなので、今サウシーを聴いてくれてる人たちにも、新しく出会う人たちにも、ちゃんと曲やライブが好きって思ってもらえるためにはどうしたらいいんやろう?って。そのためにいろんなことを試してる気がします。

石原 俺はゆいかと真逆で、聴いてくれる人に対する安心感ですね。聴いてくれる人がいるから、何してもいいと思えるというか。自分たちがどういう曲を作るか、どういうライブをするかっていうのは誰かに言われて決めることではないから、3人が正しいと思ってることを安心してやっていきたい。

秋澤 僕は人とのコミュニケーションですかね。人としゃべってるときにいろんなインスピレーションをもらったり、刺激を受けたりして。「あいつがんばってるし、僕もがんばろう」と思える。あとは悔しさですね。

せと わかる! 悔しさはデカい!

秋澤 自分自身のできなかったことを悔やむ気持ちもですし、対バンのライブを見て悔しいと思うことで、もっと上に行きたいと思う。もちろん楽しいこともあるんですけど、日々悔しいことばっかりですね。あんまり現状に満足することがない。

対バンのカッコよさに悔し泣き

せとゆいか(Dr)

せと 私も悔しさはめちゃくちゃ原動力になってます。今でも覚えてるんですけど、2年前の夏に列伝のイベントでSIX LOUNGEと対バンしたときに(スペースシャワーネットワークが主催するライブイベント「スペースシャワー列伝 第134巻 ~彩言疾風の宴~」)SIX LOUNGEのライブをステージ袖で観て、悔しすぎて泣いたんですよ。人のライブを観て悔しすぎて泣いたのは初めてでした。自分らもその日そこまでボコボコのライブだったわけじゃないと思うんですけど、それでもSIX LOUNGEのライブがカッコよくて、自分らの不甲斐なさを感じて。そのあとすごい練習しました。「次は絶対に悔しいって思わんようにしよう」というのは原動力ですね。

──その後、去年の頭にはSIX LOUNGEと一緒に列伝ツアーを回りましたね(参照:リーガル、Saucy Dog、SIX LOUNGE、Ivyが熱演見せた「列伝ツアー」終幕)。

せと 列伝ツアー中はずっとSIX LOUNGEに対して悔しさを持ってたかもしれん(笑)。だけど列伝ツアーが終わってからのSaucy Dogはちょっとずつ成長できてると思います。前みたいな「負けてる、悔しい」みたいな感覚、今は全然ないよね。

秋澤 うん、感覚が変わってきたよね。そのバンドにはそのバンドのカッコよさがあるからって思えるようになった。

──自分たちの強みが自分たちでわかってきたのかもしれないですね。

せと そうかも。今はそれぞれのバンドを尊敬できるようになりました。

次なる挑戦は大阪城野音ワンマン

──4月13日には大阪・大阪城音楽堂でのワンマンライブがあります。これもSaucy Dogにとって1つの挑戦ですよね。

石原 このライブを決めるときは挑戦でしたね。気持ちに余裕がなかった時期でもあったので、「埋まる?」っていう不安があって。だから「やる!」と決断をしたのは自分にとって挑戦で。でも今はちょっとずつ「やってやろう! がんばろう!」という気持ちに変わってきました。

Saucy Dog

せと ライブの会場を少しずつ大きいところに上げていくという挑戦はずっとやっているので、大阪城音楽堂でワンマンができるのはうれしいですね。

石原 日比谷(東京・日比谷野外大音楽堂)もそうですけど、野音はバンドマンにとって聖地みたいなところがあるし。しかも俺らは大阪出身なので。

──当日はどんなライブになりそうですか?

石原 野外でワンマンをやるのが初めてなので、「風の音や木々の揺れる音が相まったらどんなふうに聴こえるんだろう?」とか「野外でやったらあの曲はもっと染みるのかな」とか、ライブハウスとは違うよさが見えるんじゃないかなと楽しみですね。

せと きっとそこで初めてやる新曲とかもあるので。ドキドキです。

──楽しみですね。そのほかにゆくゆく挑戦してみたいことはありますか?

石原 ドラマや映画の主題歌、CMソングを担当してみたいです。あとは……「紅白歌合戦」に出たいです!

公演情報
Saucy Dog「YAON de WAOOON in Osaka」
  • 2019年4月13日(土) 大阪府 大阪城音楽堂