リクルート「Follow Your Heart & Music」 PR

Saucy Dog「Follow Your Heart & Music」|挑戦する人へ贈る、仲間にもらった言葉

音楽ナタリーで特集中のリクルートの企画「Follow Your Heart & Music」。第3回に登場するSaucy Dogはこの企画の「挑戦」というテーマから着想を得て、石原慎也(Vo, G)が昔の仲間にもらった言葉を元にしたという新曲「ゴーストバスター」を書き上げた。さらに俳優・渡部秀とコラボしたMVでは初めての演技にも挑戦している。彼らが今回の“挑戦”で得たものとは? 3人に話を聞いた。

取材・文 / 小林千絵 撮影 / マスダレンゾ

昔の仲間にもらった言葉を胸に

──今回リクルートの企画「Follow Your Heart & Music」の話を聞いたときはどのように感じましたか?

石原慎也(Vo, G) ちょうど話をもらったときが、自分のメンタル的に曲を作るのがキツい時期だったんですけど、うれしかったので「やります」って言ったのを覚えてます。タイアップ曲も作ってみたかったので。

──昨年の企画はご覧になりました?(参照:リクルート「Follow Your Heart & Music」特集|緑黄色社会、パスピエ、神僕、リーガル、CHAIが新作MVで描く「挑戦」

石原 観ました。パスピエが書道家さんとコラボしてたり、みんなすごいことしてるなと思って。曲もいいし、がんばらなきゃなと、余計ハードルが上がりました(笑)。

──Saucy Dogはこの企画に新曲「ゴーストバスター」を書き下ろしました。この曲はどうやってできたんでしょうか?

Saucy Dog

石原 昔の仲間に言われた言葉を軸に作っていきました。俺はこれまで人にもらった言葉にすごい救われてきたなあと思っていて。その人からしたらなんでもない言葉かもしれないけど、自分はすごく大きな影響を受けてきた。その中でも一番印象的だったのが、昔の仲間に言われた一言だったんです。その言葉で俺はここまでがんばってこれた。そいつは音楽を辞めちゃったんですけど、今、俺がそいつにその言葉を言ってやりたいと思うし、何かに挑戦しようとしている人にも贈りたいと思って。

──その言葉というのが「言いたいやつらには勝手に言わせておけばいいさ」というフレーズですか?

石原 そうです。身内や友達、学校の先生に「いつまで音楽やってるの?」とか言われることが多くて。みんな俺の身を案じて言ってくれてるのはわかるし、自分でも迷うこともあったんですけど、そんなときにそいつが「周りのことは放っておいて、自分のやりたいことをやったらいいんじゃない? 言いたいやつらには勝手に言わせておけばいいさ」って言ってくれたんです。その言葉を聞いて、自分はこれからも自分のまま歌っていきたいなと改めて思えました。この言葉はずっと心の中にあって、自分の糧になってますね。

──ご自身を支える言葉を、今度はリスナーに贈るわけですね。それで言うと最後の「今度は僕がお前を救ってあげるよ」というフレーズも印象的です。Saucy Dogの歌詞でここまでストレートなメッセージは珍しいなと思いました。

石原 そうですね。そこは入れるかどうか悩みました。ストレートに言ったほうが伝わりやすいことと、言わなくても伝わることってあると思うんですけど、これは自分が思ってることなんで、ちゃんと言ったほうが伝わるかなと思って入れました。

せとゆいか(Dr) よく歌詞を書いてる段階で「これ、クサくないかな?」って石原に見せてもらうので、いつも「クサかったら入れへん」という線引きが彼の中にあるんだと思うんですけど、今回は今までの「クサいから入れへん」っていうのを超えたんじゃないかな。

秋澤和貴(B) 僕はこの曲の歌詞、単純にいいなと思いました。僕らは恋愛の曲に共感できるってよく言ってもらえるんですけど、恋愛の曲じゃなくても共感してもらえる歌詞で、僕ららしさがあるなと思いました。

石原 俺、自分がふさぎこんでるときとか、どうしようもないときに「あのとき誰かが声をかけてくれてたら変わってたんじゃないか」とか「何かが助けてくれたらよかったのに」と思うので、聴いた人や何かに挑戦する人にとっての「誰か」や「何か」に俺らの歌がなれればいいなと思っています。

新たな曲調に挑戦

──楽曲制作の中でバンドとして挑戦したことを挙げるとしたらなんですか?

石原 この曲、めっちゃムズかったよね。

せと うん、すごい悩んだ。今までにない曲調だったし。

石原慎也(Vo, G)

石原 スピード感を出したいと思ったんですけど、今までのような8ビートだけじゃ出せないなと思って。今までやってことなかったことをいろいろ詰め込んだ感じがありました。

せと サビ以降はなんとなくイメージできたんですけど、特に1番……イントロがなくて、ドラムフレーズから始まって急にAメロに入る構成が初めてで。イントロなしで最初から勢いを付けるにはどうしたらいいかをすごく考えました。ライブでも演奏して、ちょっとずつ変えていきましたね。

石原 ライブごとに違ったよね(笑)。でもライブでやってみないとわからないことがたくさんあって。答えが見つかってよかった。

秋澤 レコーディング自体、ひさしぶりやったんですよ。だからその間に実力も付いていて、いろんなことに挑戦できた感覚があります。

石原 それぞれの引き出しも増えてたしね。

──アレンジも決まったことですし、これからライブでさらに育っていきそうですね。

石原 そうですね、演奏難しいけど(笑)。でもライブでやっていくうちに絶対にできるようになるから、そこでスキルアップできたらいいなと思います。

初めての演技に挑戦

──MVは俳優の渡部秀さんとコラボしたドラマ仕立ての映像に仕上がっています。まず今回、俳優さんとコラボしようと思ったのはなぜですか?

せとゆいか(Dr)

せと 今までのMVとは違うことをやりたいと思っていて。今までドラマ仕立てのMVを作ったことがなかったので挑戦してみようかなと。あとこの曲を一番わかりやすく伝えられるのは、ドラマ仕立てかなって。

──コラボ相手に渡部さんを選んだ理由は?

石原 何人か候補の俳優さんがいたんですけど、直感で秀くんに惹かれて。

せと 私たちの2歳上という世代感もいいなと思いました。

石原 秀くんに演じてもらうのは夢をあきらめる役だったので、夢をあきらめるんだったら、それくらいの年齢かなって。あと一緒にやってみたら演技がすごかったし、めちゃくちゃいい人だった!

──撮影はいかがでした?

全員 楽しかったです!

せと そうだ、制服着たんですよ……高校の制服なので7年ぶりに……。

石原 俺は抵抗なかったですけどね(笑)。

──MVでは皆さんも演技に挑戦されていますが、いかがでした?

秋澤和貴(B)

せと それこそ秀くんが自然に引っ張ってくれて。具体的に何を言うわけじゃないんですけど「俺、こういうふうにするから、あとは自由にやろう」って言って、カメラが回った瞬間から完全にスイッチが入るので、私たちは付いていくだけでした。

石原 うん。すごかったね。

秋澤 撮影の最後が僕の演技のシーンだったんですよ。カラオケボックスで、昔の仲間である秀くんに声をかける場面で。で、いざ撮ろうとしたら、そのタイミングでめっちゃ人通りが増えて(笑)。人がはけるのを待ってる間にどんどん時間が過ぎて焦って、始まったら始まったで緊張しました。

せと ちょうどそのシーンは、私たちは別の部屋で控えていたので見れなくて。

秋澤 自分で確認したときは絶妙に目元がニヤついててキモいと思った。でも気まずさを出すシーンだったので、実際に気まずくてよかったです(笑)。