Eve「闇夜」 PR

Eve|「どろろ」との出会いを経て新境地へ

フルを書き終えて新たな景色が見えた

──「闇夜」が使用されているアニメのエンディングは、話数が進むごとに映像が変化していると話題になっていました。Eveさんが歌う「闇夜」のサウンドも途中から変化したんですよね?

Eve「闇夜」ミュージックビデオより。

はい。物語に沿った演出として、エンディングの映像が少しずつ鮮明になっていくんですけど、実は僕が歌う「闇夜」もちょっと変わっています。というのも、アニメのエンディングの尺は90秒なので、今回の「闇夜」は90秒のサイズを先に作ったんです。そのあと、フルサイズを作ったんですけど、改めてフルの音源を書き終えたとき、自分の中にかかっていた靄のようなものが晴れて、また違う景色が見えた気がしたんです。90秒サイズの音源はアニメの2クール目が始まった時点では自分の中で一番ピッタリくるものだったんですけど、物語が進んでいく中で、フル尺を書き終えてから歌った音源のほうが腑に落ちる感覚があって。アニメサイドにお願いをして、フルで作ったときにレコーディングした音源に差し替えていただいたんです。

──アニメのエンディングがほかの曲になることはありますが、同じ曲で音源が変化していくのは新しい試みですよね。

テレビアニメのタイアップは初めてだったので、僕は右も左もわからない状態だったんですけど、アニメのスタッフさんにはすごく優しくいろいろ教えていただいたり、アドバイスをもらったりして。アニメの映像が変わっていく中で、同じように音楽も変化するという提案を快く受けていただいてすごくうれしかったですね。もしかしたらアニメのエンディングって飛ばしてしまう人も多いかもしれないんですけど、「どろろ」は映像も音楽も最後までちゃんと味わって観てもらいたい作品だと思います。

Mahが描く“取り戻す”物語

──すでに「闇夜」はMVが公開されています。MVの制作は「ナンセンス文学」「ドラマツルギー」など、Eveさんの代表曲の映像を手がけたMahさんを中心に、Wabokuさんも共同となって担当していますが、制作の際にはどんなお話を?

基本的にはいつもMahさん主導でMVを作っていただくんですけど、今回は僕のほうからもいろいろ要望を伝えたんです。例えば人にスポットを当ててほしいこと。あとは人間の心情みたいなものを取り戻していく様子を、MVを通して表現してほしいとお願いしました。「闇夜」はタイアップから生まれた曲ではあるんですけど、MVはどろろや百鬼丸が出てくるようなものではなくて、自分がどういう人間なのかわからない1人の人間が少しずつ自分を取り戻していくような様子を描いてもらいたかったんです。

──その思いはMahさんの独特なタッチで見事に表現されていると思います。

人物の手の動きとかがすごく独特で、Mahさんの思いや描きたいものが詰まってるMVになったと思っています。よく観るとMahさんが手塚治虫さんの表現をオマージュしている部分もあるんです。僕が表現したいものをちゃんと汲み取りながら、Mahさんの作品としてもしっかり作り込んでもらっていて、とてもいいものができたと感じています。

──「闇夜」のジャケットにも描かれている親指を結んだポーズ、実はアニメのエンディング映像にも同じポーズが描かれているんですよね。

Eve「闇夜」ミュージックビデオより。

そのポーズはMahさんが特に描きたかったシーンだったみたいで。今回のMV制作に当たってはMahさんも「どろろ」という作品を読み込んでくれて、具体的に「こういうのを描きたい」というイメージをつかんでくれていたんです。僕のイメージとMahさんのイメージをぶつけていく中で、Mahさんから手のポーズを描くことを提案してもらって。僕自身がMahさんが描く手や足の動きがすごく好きだったし、ジャケットにしたときのインパクトもあってすごく気に入っています。それと「闇夜」のタイトルロゴもMahさんが描いてくれたんです。

ポジティブな意味で変わらない

──「闇夜」という曲はEveさんにとってどういう1曲になりましたか?

「闇夜」という曲は僕にとっては珍しく、ミドルテンポのちょっとゆったりとした楽曲で。YouTubeで公開されている楽曲なんかはアップテンポのものが多いから、もしかしたらとっつきにくい1曲かもしれないんですが、僕の新しい一面としてぜひいろんな方に聴いてもらいたい1曲になりました。それと、もし次にアルバムを作るとなったら、その中でも新しい顔になる曲だと思っています。「闇夜」を作れたことが、次に作る曲、次に作るアルバム、次に作るライブに強く影響してくるなと思っていて。自分の中の小さな変化を見逃さずに大切にしながら、これから作るものがどういうものになるのか、自分でも楽しみですね。

──2019年後半の具体的な計画はあるんですか?

今年の夏、僕自身のライブはないので次の準備をする期間ですね。一昨年、昨年と自分にとって初めての経験をたくさんさせていただきました。そこで自分にとって足りていないことがたくさん見えてきました、うれしいことです。成長していかないといけない、これらを克服した先に新しい景色が見えてくるものだと思います。いくつか新しい曲が生まれてきたらツアーのことも考えられたらいいなとは思っています。あとすでに進行しているプロジェクトはいくつかあって。もう少ししたら皆さんにお伝えできると思います。のんびり待っていてください。

──Eveさんのマイペースさというか、作りたいときに作りたいものを作るスタンスは以前から変わらないですね。

かなり自由にやらせてもらってます(笑)。ポジティブな意味で、同人でCDを作ってた時代からやってることは変わらないと思っていて。自分の作りたいものやりたいことが生まれて、そこに向かっていくためには何が必要で何が足りてないか考える、そしてとにかくイメージする、大事です。そういう原動力がないと僕は動けなくなっちゃうと思います。このやり方を貫いていくことで、もしかしたら曲を作るのに時間がかかっちゃうこともあるかもしれないけど、そこは自分のペースで、作りたい音楽を、そしてわくわくするこの胸の高鳴りを大事にしていきたいですね。

Eve「闇夜」ミュージックビデオより。
Eve「闇夜」
配信中 / TOY'S FACTORY
Eve「闇夜」
Eve(イヴ)
シンガーソングライター。2009年10月にニコニコ動画に“歌ってみた”動画を投稿し、以降定期的に歌唱動画を公開している。2016年10月には初の全国流通盤「OFFICIAL NUMBER」をリリース。同年11月には自身のファッションブランド「はらぺこ商店」を立ち上げた。2017年5月には作詞作曲を手がけたオリジナル曲「ナンセンス文学」を公開し、YouTubeで2200万回以上(2019年6月時点)再生されるなど大きな話題を呼ぶ。同年12月、すべて自作曲で構成されたオリジナルアルバム「文化」を発表。2018年にはワンマンライブ「お茶会」や東名阪ツアー「メリエンダ」を開催し、11月には東京・新木場STUDIO COASTでのワンマンライブをソールドアウトさせた。2019年2月にはニューアルバム「おとぎ」を発表し、3月から4月にかけて東名阪ツアー「2019春ツアー~おとぎ~」を開催。同年6月にはテレビアニメ「どろろ」の第2期エンディングテーマ「闇夜」を配信リリースした。