音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

澁澤龍彦の遺作を石橋英子、Ametsub、wegらが音で表現

130

エレクトロニカ系レーベル、nobleが今年で活動10周年を迎えることを記念し、初のレーベルコンピ「Invisible Folklore」を本日10月14日にリリースした。

本作は小説家・澁澤龍彦の遺作「高丘親王航海記」をモチーフにした全曲書き下ろしのコンセプトアルバム。この小説は平安時代を舞台に、高丘親王が天竺を目指しつつ怪奇と幻想の世界を遍歴するというストーリーで、コンピでは「儒艮」「蘭房」「獏園」「蜜人」「鏡湖」「真珠」「頻伽」という小説の各章をテーマにさまざまなアーティストが新曲を制作している。

参加アーテイストはSerph石橋英子、Gutevolk、KASHIWA Daisuke、kazumasa hashimoto、Ametsubworld's end girlfriendの7組。それぞれが1冊の小説の世界を音楽で表現している。なおアートワークは、nobleから映像作品もリリースしている画家のnakabanが担当している。

V.A.「Invisible Folklore」参加アーティスト / 収録曲

01. Serph / Departure
02. 石橋英子 / 蘭房
03. Gutevolk / yummy dream
04. KASHIWA Daisuke / Sky Liner
05. kazumasa hashimoto / untitled poem114
06. Ametsub / distress
07. world's end girlfriend / R.I.P.

■Various "Invisible Folklore" Trailer(Japanese Subtitles)

音楽ナタリーをフォロー