La'cryma Christi、ALICE IN MENSWEARのギタリストKOJIが食道がんを公表

217

La'cryma Christiのメンバーで、現在ALICE IN MENSWEARで活動するKOJI(G)が食道がんを患っていることが発表された。

ALICE IN MENSWEARのオフィシャルサイトによると、KOJIは約2カ月前から体に異変を感じたため検査を受けた。その結果、食道に腫瘍が見つかり、詳しい検査で食道がんであることが判明した。転移は見つかっておらず、抗がん剤治療を受けて腫瘍を小さくし、経過を診ながら手術を受けるという。治療とリハビリに専念するため、現在予定されていたバンドのライブやイベントなどはすべて中止となった。

KOJIはオフィシャルサイトでメッセージを公開。食道がんが発覚するまでの経緯を明かし、「起こった事を冷静に受け止めて、治療に専念しようと思っています」「必ず元気になってまたステージに戻って来たいと思いますので、少しばかりお時間を頂けたらと思います」とカムバックを誓っている。回復を祈りつつ、続報を待とう。

ALICE IN MENSWEARのmichi.(S.Q.F、ex. MASCHERA)は、今回の発表を受けてTwitterに「俺がKOJIを全力で支えるプロジェクト、さっそく始動させます。8/22(土)23(日)オンラインにて開催。俺の最大の武器を駆使してKOJIとみんなを応援します」とオンラインイベント開催を告知。詳細は追ってアナウンスされる。

KOJIは1997年にLa'cryma Christiのメンバーとしてシングル「Ivory trees」でメジャーデビュー。98年発表のKOJI作曲によるシングル「未来航路」などがヒットし、99年には東京・日本武道館公演を成功させた。2005年にラクリマを脱退してからはALvinoなどで活動し、2009年にラクリマが再結成されたタイミングで同バンドに再加入。2018年にmichi.と共にALICE IN MENSWEARを結成した。

リンク