音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

超特急、5000人の8号車と3周年祝った国際フォーラム

1117

超特急「BULLET TRAIN ONEMAN "CHRISTMAS" SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!~聖なる一夜~」の様子。

超特急「BULLET TRAIN ONEMAN "CHRISTMAS" SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!~聖なる一夜~」の様子。

超特急が昨日12月25日、東京・東京国際フォーラム ホールAにて単独公演「BULLET TRAIN ONEMAN "CHRISTMAS" SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!~聖なる一夜~」を実施した。

超特急の結成記念日にあたるこの日、彼らは1stアルバム「RING」までの楽曲や未発表曲に加え、クリスマスソングを披露するなど通常のライブとはひと味違うプログラムを用意。ステージには7つの扉を持つレンガ造りの家を模したセットが組まれ、公演中はこのセットにプロジェクションマッピングを多用した映像演出がなされた。

暗転した会場に鈴の音が鳴り響き、緞帳に「Merry Christmas」の文字が浮かび上がると、幕が上がりゴールドを基調とした派手なスーツでポーズを決めるメンバーが現れる。約5000人の8号車(ファン)の歓声を受け止めた彼らは、まず「赤鼻のトナカイ」をパフォーマンスしてクリスマスムードをぐっと高めてから「No.1」へとつなげる。

ハイテンションなモードで行われた自己紹介では、ユーキが超特急の“3歳”を祝うべく客席とともにバースデーソングを歌うというほほえましい場面も。コーイチは「すごいよ! 5000人が集まるとこうなるのね! 今東京のどのイルミネーションよりも一番キレイやで」と興奮気味に口にした。トラックにアレンジが加わった「Secret Express」、全員がマイクスタンドを使うダンスを踊った「STYLE」に続いては、軽快なブラスサウンドからクリスマスソングメドレーへ突入。タカシが白い羽根を肩にかけ「Winter Wonderland」の歌詞に「タカシ」という単語を詰め込んだ“タカシのWinter Wonderland”をソロ歌唱したり、7人でラインダンスしたり、1つのプレゼントをダンサー5人が取り合う寸劇をしたり、カイとユーキがタップダンスを披露したりと、見どころ満載のエンタテインメントショーが繰り広げられた。

ペンライトの光を消すように促したメンバーが扉を開けて家の中へ入ると、照明が落ち場内は真っ暗に。プロジェクションマッピングによりきらびやかな電飾が家の外壁を飾ったかと思いきや、みるみるうちに外壁が廃れ古びた洋館へと様変わりした。不穏な空気に客席が緊張する中、「Bloody Night」の始まりを告げる足音や鐘の音などのエフェクト音が流れ出す。すると7つの扉にマントを羽織った7人の姿が浮かび上がり、彼らはうっそうとした森やコウモリの大群といった映像をバックに同曲を妖しくパフォーマンスした。その後は起伏ある展開の未発表曲「One/O Signal」で観客を釘付けにした。

普段はセンターのリョウガがほかの6人を蹴散らすアクションで終了する「Believe×Believe」だが、この日はカイだけが倒れず、逆にカイがリョウガを倒すというイレギュラーな形となった。そのまま始まった、カイがセンターを務める「Star Gear」では、飛び交うレーザーや回るミラーボールなど、さまざまな光が楽曲の躍動感を表現した。

10分間の休憩を挟んでからの第2部は、7人が横一列に並び、コーイチの指揮からアカペラで「荒野の果てに」を歌うパフォーマンスからスタート。さらにメンバーはハンドベルで「Silent night」を合奏し、ベルの美しいハーモニーを会場いっぱいに響かせた。クリスマスの定番曲「Santa Claus Is Coming to Town」では「さあ あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス」という歌詞に自身の名前を入れ、コーイチとタカシ、カイとユースケ、リョウガとユーキが掛け合いを行う。タクヤは8号車へ向けて歌い、8号車も大きな声で「8号車からメリークリスマス」と歌い返した。そんな和やかな雰囲気の中「SURVIVOR」「ikki!!!!!i!!」「Kiss Me Baby」「Pretty Girl」をつなげたメドレー、炎の特効が何発も打ち上がった「Gravitation」が投下され、7人は再びアグレッシブかつクールな一面を見せつけた。

原曲よりもテンポを落とした「FLASHBACK」やクリスマスにぴったりのバラード「Snow break」などが会場を切ない空気で満たしたライブ終盤、メンバーは1人ずつ思いの丈を明かす。コーイチは「4周年のときもみんなでこうして笑顔でいられたらいいなと思います」と充実した表情を浮かべ、カイは国際フォーラムへの思い入れとともに「正直、ここまで大きくなれるなんて思ってなかった。この7人でここまで来れてすごく幸せです」と感慨深く語った。タクヤは何度もグループを脱退しようと思っていたという過去を振り返りつつ「でも3年間を思い返すと素敵な思い出ばっかりです。2015年も“超特急”な年にしたいと思います」とコメント。ユーキはしゃべりだした途端に涙声になってしまい、8号車からの応援を受けながら「パフォーマンスという、言葉じゃ伝わらないもので皆さんに少しずつ恩返しができたらと思ってます。大好きです!」と感謝した。ユースケはひょうきんな口調ながら「震えが止まらない」と口にし、泣きそうになるところをこらえて「2015年も元気を8号車さんにお届けしたいのでこれからもよろしくお願いします!」と告げる。タカシは初期の頃を思い返しているうちに感極まり、「3周年やのに泣いてもーた!」と泣き笑い。最後のバトンを渡されたリョウガは話しているうちに言葉がまとまらなくなってしまった様子だったが、「クリスマスと超特急の化学反応を起こせたので満足です」と独特の語り口で思いを伝えた。最後に7人は、3年前のこの日に披露した、グループにとって最初の楽曲「No More Cry」をクリスマス仕様のアレンジで届けた。

アンコールを締めくくったのは、メンバーが初めて全編振り付けを担当した「Bye Bye Bye」。中心となって考案したユースケは「こんな振りをやったら8号車さんが真似してくれるんじゃないかなって考えながら作りました。でも1人じゃできなくて、メンバーがサポートしてくれました」と目に涙をためた。そして手やおしりを振るなど人懐っこい振り付けの「Bye Bye Bye」がライブを大団円へと導く。客席にはメンバーのメッセージがプリントされたピンク色の風船が無数に降り注ぎ、終幕を華々しく彩った。

超特急「BULLET TRAIN ONEMAN "CHRISTMAS" SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!~聖なる一夜~」
2014年12月25日 東京国際フォーラム ホールA セットリスト

01. 赤鼻のトナカイ
02. No.1
03. Secret Express
04. STYLE
05. Christmas medley(Jingle Bells~タカシのWinter Wonderland~Deck The Hall~We Wish You A Merry Christmas~Joy To The World)
06. Bloody Night
07. One/O Signal
08. Believe×Believe
09. Star Gear
10. 荒野の果てに~Silent night
11. Santa Claus Is Coming to Town
12. medley(SURVIVOR~ikki!!!!!i!!~Kiss Me Baby~Pretty Girl)
13. Gravitation
14. FLASHBACK -vocal edition-
15. Snow break
16. Billion Beats
17. No More Cry
<アンコール>
18. refrain
19. EBiDAY EBiNAI
20. Bye Bye Bye

※記事初出時、一部曲名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー