DVD「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」 PR

ドラマ「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」|総製作費100億円!ヤン・ヤンとウーズン競演の中国ドラマ、その魅力と謎に迫る

中国ドラマ史上最高となる総製作費100億円をかけた超大作「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」(原題:武動乾坤)のDVDセットが9月3日より順次発売される。原作であるWeb小説の閲覧総数3200万回、セットの広さ6万平米、スタッフ1060人、CGシーン2000分と破格のスケールを誇るファンタジースペクタクル時代劇を、映画ナタリーでは複数回にわたって特集する。

第1弾では、チャン・イーモウの「HERO」「LOVERS」、ジョン・ウーの「レッドクリフ」2部作、ドラマ「三国志 Three Kingdoms」など中国の現場を取材してきた映画ナタリー編集長・岡大が中国の製作事情を解説。いかにして「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」という大作が誕生したか、その謎を解き明かす。さらに、アジアの俳優事情に精通する映画ライター・よしひろまさみちが、主演を務めたヤン・ヤンと、初の悪役に挑んだウーズンの魅力に迫った。

文 / 岡大(解説)、よしひろまさみち(コラム)

中国ドラマ市場の“今”が見えてくる 「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」を紐解くQ&A

文 / 岡大

Q.製作費100億円はどれぐらいすごい?
「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」

映画とドラマの違いはあるが、日本映画で製作費10億円といえば超大作と呼ばれる。「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」(原題:武動乾坤)は実にその10倍もの予算がかけられた。

日本でも放送された全95話の中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」は製作費25億円、同じく歴史大作である全86話の「水滸伝」は55億円だったことからも、全60話の「神龍」にかけられた100億円がどれほどビッグバジェットであるかがわかる。

Q.なぜそんなにお金が集まる?
「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」

日本との人口、市場規模の差はもちろんあるが、製作に至るまでの過程にも大きな違いがある。

テレビ局がドラマを作る日本と異なり、中国では制作会社が作って複数のテレビ局や配信会社に作品を売る仕組み。厳密には、2つの放送局と1つの配信会社が最初の放送・配信権を取得し、購入争いに敗れたところは時期を置いて放送・配信する形となる。原作が3200万回閲覧された人気Web小説である「神龍」のようなケースだと、企画段階でお金が集まりやすく、価格も高騰。それを製作費に充てることができるのだ。近年はアイチーイー(愛奇芸)、テンセント(騰訊視頻)、Youku(優酷)など動画・配信サイトの参入によって、ますます放送・配信権を巡る競争は激化している。

Q.「神龍」は中国でどれぐらい観られた?
「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」

2018年8月7日に放送と配信が開始となった「神龍」。Youkuでの配信では初日1.2億、3日で5億再生を記録した。視聴数の出ていないテレビ抜きでもこの数字!

Q.100億円の製作費はどう使われた?
象山影視城 (写真提供:象山影視城)

山﨑賢人主演の映画「キングダム」の撮影にも使われた中国・浙江省にある象山影視城に6万平米のセットを制作。500本の樹木を植え、滝や湖も作った。象山影視城以外にも新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区、雲南などでロケ撮影を敢行。さらに、ヤン・ヤンをはじめとした人気俳優たちを起用しながら、撮影期間は258日スタッフの数は1060人に上り、莫大な人件費がかかっている。そして、「神龍」には約2000分に及ぶCGシーンがあり、ポストプロダクションにも予算がつぎ込まれた。

Q.中国には「神龍」のような時代劇ドラマが多い?
「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」

2018年に大ヒットした「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のような宮廷を舞台とした時代劇が近年盛り上がっているほか、「三国志」などをモチーフした武侠ドラマも根強い人気を誇っている。

中国では脚本段階で検閲があるため、現代劇で銃撃戦をやろうとすると「中国の市街地では銃撃戦は起きない」、兄弟のドラマを描こうとすると「一人っ子政策だから兄弟はいない」と却下されることが多いのも、時代劇が多くなる理由の1つだ。

一方で、史実を脚色しすぎて荒唐無稽になってきていると問題視されるケースもあり、時代劇にも規制の動きが出てきている。今後は「神龍」のような、史実をもとにしないファンタジーがトレンドとなっていく可能性は大いにあるだろう。

Q.検閲の影響はどういうところに出る?
「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」

時代劇が増えるということ以外にも、リメイクが増える傾向にある。一度許可が下りた題材であれば検閲に引っかかる可能性が低くなるからだ。

また、検閲を通ることは政府のお墨付きを与えられたということでもある。「神龍」の監督であるチャン・リーが撮影を手がけた映画「レッドクリフ」2部作では、広大な軍事演習場で撮影を行い、人民軍の現役兵士1000人が衣装に身を包んで参加していた。国のバックアップによってよりスケールアップすることも可能となるのだ。

Q.俳優たちは時代劇の演技やアクションがなぜうまい?
北京電影学院 (写真提供:北京電影学院)象山影視城 (写真提供:象山影視城)

中国の映画・ドラマ界には、専門の大学で演技の教育を受けてきた俳優が多い。ヴィッキー・チャオ、リウ・イーフェイは北京電影学院、コン・リー、チャン・ツィイーは中央戯劇学院、リー・ビンビン、ファン・ビンビンは上海戯劇学院出身。名門と呼ばれる教育機関で、時代劇に必要な所作や舞いを含め、演技を学んでからデビューするのだ。「神龍」で応歓歓(おうかんかん)役を演じたチャン・ティエンアイも北京電影学院を卒業している。

なお、ヤン・ヤンは中国人民解放軍芸術学院の舞踏科、綾清竹(りょうせいちく)役のワン・リークンは北京舞踏学院を卒業しており、ダンスで培った身体表現のスキルをアクションに存分に生かしている。

毎年、訓練を積んだ若い才能が続々と輩出される中国の映画・ドラマ界。第2、第3のヤン・ヤン誕生を期待しよう。

中国イケメン俳優が競演!SNSフォロワー4800万人のヤン・ヤンVS“ブルネイの王子”ウーズン

文 / よしひろまさみち

中国のエンタメ業界は、現在花盛りと言っていい時代を迎えている。ちょっと前までの中国エンタメ業界は、台湾や香港など、メインランド中国ではない中国語圏から出たスターや監督、物語などを中心に流行が築き上げられてきた。だが、2010年代、著しく経済成長した中国では、エンタメ業界もともに大きな成長を遂げている。中国本土出身のスターの誕生、うなるほどの予算をつぎ込んだ大作の製作など、経済成長のスピードに比例して、エンタメ界も急成長をしている。そんな中、製作費100億円、全60話という鳴り物入りのファンタジー時代劇「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」が、ヤン・ヤンとウーズンという当代きってのスターを携えてリリースされた。

ヤン・ヤンは人民解放軍芸術学院で舞踊を学び、在学中に出演したドラマ「紅楼夢~愛の宴~」でデビュー。その後、人気小説を原作にしたドラマ「盗墓筆記(原題)」の出演や、スターを輩出することでも知られるリアリティ番組「花児与少年(原題)」第2シーズンの出演を経て、若者を中心に人気が沸騰。2016年のラブコメ「シンデレラはオンライン中!」で、彼の人気は不動のものとなり、同年の微博(Weibo)フォロワーランキングで若手男性タレント1位に(2019年現在フォロワーは4800万人超)。小鮮肉(若いイケメン)ブームの中心的存在として君臨している。彼の芝居の持ち味は、凛とした容姿とはギャップのある天真爛漫さ、そして舞踊で鍛えたキレのある殺陣だ。本作ではそのどちらも発揮できる、英雄・林動(りんどう)役で魅力を爆発させている。

ウーズンは、2000年代台湾の大人気ユニット飛輪海のメンバーとして活躍ののちに俳優に転身したスター。オーストラリアの大学を卒業、ブルネイの富豪出身ということもあり、結婚後の今もなおファンの間では「ブルネイの王子」と呼ばれることもしばしば。甘いルックスと育ちのよさから、ラブロマンスものでの活躍が目覚ましかったが、そんな彼も2人の子を持つアラフォー。本作での彼は、円熟味を増して、ますますふくらむ知的な存在感を生かして、初めての悪役・林琅天(りんろうてん)に挑戦している。

かつてはともにアイドル的存在だったヤン・ヤンとウーズンだが、自由な表現を許される歴史ファンタジーである本作での伸び伸びとした演技は、ファンからしてもこれまでに見たことがない顔。本作を機に、本物の明星となった、といっていいだろう。

百花繚乱!美男美女たちが一癖も二癖もあるキャラクターを熱演

林動(ヤン・ヤン)
林動(りんどう)
英雄の力を受け継ぎ、人間界を守るため邪悪な勢力に立ち向かう若き救世主
ヤン・ヤン

1991年9月9日生まれ、中国・上海出身。

主な出演作品

ドラマ「紅楼夢~愛の宴~」

「ひだりみみ」

ドラマ「ときめき♡旋風ガール」

ドラマ「シンデレラはオンライン中!」

「ワンス・アポン・ア・タイム 闘神」

林琅天(ウーズン)
林琅天(りんろうてん)
暗黒の世界に魅入られていき、葛藤を繰り返す林動の義兄
ウーズン

1979年10月10日生まれ、ブルネイ出身。

主な出演作品

「バタフライ・ラヴァーズ」

ドラマ「ホット・ショット」

ドラマ「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」

「楊貴妃 Lady Of The Dynasty」

「ガーディアンズ 呪われた地下宮殿」

応歓歓(チャン・ティエンアイ)
応歓歓(おうかんかん)
林動と惹かれ合っていく天真爛漫な道宗のお嬢様
チャン・ティエンアイ

1990年10月28日生まれ、中国・ハルビン出身。

主な出演作品

ドラマ「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」

「レジェンド・オブ・パール ナーガの真珠」

「空海─KU-KAI─ 美しき王妃の謎」

綾清竹(ワン・リークン)
綾清竹(りょうせいちく)
救世主を守る使命を負いながら愛に目覚める守護神
ワン・リークン

1985年3月22日生まれ、内モンゴル自治区出身。

主な出演作品

ドラマ「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」

「あの場所で君を待ってる」

「西遊記2~妖怪の逆襲~」

穆芊芊(リウ・イエン)
穆芊芊(ぼくせんせん)
目的のためには手段を選ばず男たちを操る林琅天の師姉
リウ・イエン

1980年11月8日生まれ、中国・湖南省出身。

主な出演作品

「画皮 あやかしの恋」

「ドラゴン・コップス-微笑捜査線-」

「イップ・マン外伝 マスターZ」

小炎(シー・シャオロン)
小炎(しょうえん)
林動に助けられ、忠誠を誓う虎の化身
シー・シャオロン

1988年1月6日生まれ、中国・河南省出身。

主な出演作品

「テラコッタ・ソルジャー」

「イップ・マン 葉問」

ドラマ「鹿鼎記 ロイヤル・トランプ」

小貂(スオ・シャオクン)
小貂(しょうてん)
小炎とともに林動に同行する900歳の貂
スオ・シャオクン

1990年11月6日生まれ、中国出身。

主な出演作品

「詭替身之第七天(原題)」

「公主和她的49個男僕(原題)」