「2分の1の魔法」|ディズニー&ピクサーが贈る感動作!一歩踏み出す勇気をもらえる、涙なしには観られない“絆の物語”

「2分の1の魔法」

ディズニー&ピクサーの最新作「2分の1の魔法」が、8月21日に公開される。“魔法が消えかけた世界”を舞台にしたこの映画は、亡くなった父親に会いたいと願う少年イアンと、兄バーリーの冒険と絆を描く感動作。24時間だけよみがえらせることのできる魔法に失敗し“半分”の足だけの姿で復活させてしまった父親を、完全によみがえらせて思いを伝えるため、2人は冒険に繰り出すこととなる。果たして兄弟は父親に会うことができるのか? 冒険の果てに2人がたどり着く答えとは──。

英語版では「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランドと、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのクリス・プラットが、それぞれイアンとバーリーを演じた。日本語版には志尊淳と城田優が参加しているほか、日本版エンドソングにスキマスイッチの名曲「全力少年」が使用されている。

ナタリーでは本作の公開を記念し、ジャンルを横断して全3回の特集を実施。映画、音楽、お笑い、各ジャンルの著名人が、本作の感想を語ってくれた。

INTERVIEW

  • 映画ナタリー 平祐奈インタビュー
  • 音楽ナタリー RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)インタビュー
  • お笑いナタリー 千原ジュニアインタビュー

CHARACTER

イアン(左)
内気な少年イアン(トム・ホランド / 日本語版・志尊淳)
内気な少年。家族思いで優しいが、何をやってもうまくいかず、自分に自信がない。生まれる前に亡くなった父に一目会いたいと願っている。実は隠れた魔法の才能を持つが、本人も気付いていない。
バーリー(左)
好奇心旺盛な兄バーリー(クリス・プラット / 日本語版・城田優)
イアンの兄。陽気で好奇心旺盛な魔法オタク。空気が読めないように見えて、実はいつもイアンを見守っている。幼い頃亡くした父にもう一度会って、伝えたいことがある。
ローレル(左)
母ローレル(ジュリア・ルイス=ドレイファス / 日本語版・近藤春菜)
イアンとバーリーの母親。働き者でユーモアにあふれた性格。夫を亡くしてから女手ひとつで心から愛する息子たちを育ててきた。
“2分の1”の姿で復活したウィルデン(右)。
亡き父ウィルデン
イアンが生まれる前に死んでしまった父親。イアンの16歳の誕生日プレゼントとして、24時間だけ自分を復活させられる魔法の杖と呪文を遺していた。しかし兄弟の魔法が不完全だったため、 “足だけ”の姿で復活してしまう。