ビデオパス PR

「恋は雨上がりのように」小松菜奈×大泉洋 / 磯村勇斗×葉山奨之×松本穂香インタビュー|ファミレス“ガーデン”メンバーが振り返る、不器用で優しい2人の物語

眉月じゅんの同名マンガを原作とする実写映画「恋は雨上がりのように」が、5月25日より公開される。本作で描かれるのは、17歳の女子高生・橘あきらと彼女が思いを寄せる45歳のファミレス店長・近藤の物語。映画ナタリーではあきらを演じた小松菜奈と近藤に扮した大泉洋へのインタビューを行い、初共演の感想や撮影現場でのエピソードを聞いた。

また、近藤が店長を務めるファミレス“ガーデン”の従業員を演じた磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香の鼎談も実施。こちらもあわせてチェックを。

取材・文 / 平野彰 撮影 / 佐藤類

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引き!

小松菜奈×大泉洋 インタビュー

小松さんのような人に私はなりたい(大泉)

──小松さんと大泉さんは本作で初共演されました。まず小松さんに、大泉さんと一緒にお仕事をされた感想を伺いたく思います。

左から小松菜奈、大泉洋。

小松菜奈 以前から、ご一緒できたらいいなと思っていたんです。高校生のとき、大泉さんがテレビに出演されていると必ず観ていました。私だけでなく家族全員が大泉さんを大好きなので「共演する」と伝えたら「えー! すごく楽しみ!」と言われて(笑)。実際にお会いした大泉さんはテレビで見る大泉さんとまったく変わらず、気さくで面白い方でした。

──大泉さんは小松さんと共演されてみていかがでしたか?

大泉洋 とにかく嫌なところが見つからない素敵な人ですね。小松さんを見ていると、自分もがんばらなきゃいけないと思いましたよ。劇中の設定は夏ですけど、実際に撮影をしたのは冬だから寒いわけです。でも小松さんはぼやかない。「寒いんじゃない?」って聞いても「大丈夫です!」と言ってがんばる。ざあざあ雨が降る中での告白という大変なシーンでも、楽しそうにしてるんですよね。現場を明るくしてくれたし、お芝居に対してすごく真面目。こういう人に私はなりたいと思いました。

──お二人は、原作を読まれたときにどのような感想を持たれましたか?

小松 いい意味で今っぽくない絵柄や、表紙の色使いが素敵だなと思いました。女子高生が45歳のファミレス店長に片思いをするというストーリーもよくて、恋は理屈じゃないってこういうことなんだなと感じて。私は普段、あまりマンガを読まないんです。でも映画をきっかけに原作を読んで好きになることが多くて、今回もいい作品に出会えたなと思いました。

大泉 私も大人になってからマンガは読まなくなったんですけど、これはドンピシャな作品でね。(しみじみと)昔からこういうキュンキュンするやつ好きでしたねえ……。

小松菜奈

小松 えー、そうなんですね(笑)。

大泉 好きなんですよ。気持ち悪いおじさんですよね。

小松 そんなことないです(笑)。

大泉 私の世代だと「タッチ」とか「きまぐれオレンジ☆ロード」とかね。「恋雨」にもそれらと共通するものがあって、近藤とあきらを見ているとキュンキュンするわけですよ。同時に、このマンガは青春の物語でもある。恋のキュンキュンと青春のキラキラのバランスがよくて、ひさびさに読んでいて盛り上がる作品でした。

あきらは不器用なところがかわいい(小松)

──ご自身が演じた役の印象を教えてください。

「恋は雨上がりのように」

小松 あきらは、人に対して堂々とぶつかっていくまっすぐなところが、見ていて気持ちいいです。それでいて不器用なところがかわいらしくて、守ってあげたくなる。それから、感情があまり顔に出ないんですよね。自分もそうだったんです。私もあきらみたいに「怒ってる?」と聞かれることが学生のときにありました。何も怒っていないのに、近藤があきらに対して感じた「ゴミを見る目」をしてたって言われたり(笑)。

大泉 (爆笑)。絶対にあなたは、人をゴミのように見たりしないのにねえ。

小松 見ないです(笑)。

──大泉さんは近藤についてどんな印象を持ちましたか?

大泉 オファーを受けたとき、女子高生から片思いされるおじさんの役なんて今後自分には来ないだろうなと思って引き受けたんです。役者として、いろんな役を演じたいという気持ちはありますから。実際に演じてみると、近藤の戸惑いを表現することが難しくもあり、魅力的でもあって。あきらと関わっていくうちに、近藤が忘れていた情熱を少しずつ取り戻していくという筋書きも素敵だと思いました。永井聡監督は、私にオファーしてくれた理由を「冴えなくて頼りない大人に見えるんだけど、あきらがなぜ好きになるのかまったくわからない人だと説得力がないから、大泉さんがぴったりだと思った」と説明してくれたんです。あきらのお母さん役の吉田羊さんは「大泉さんは油断するとすぐカッコつけるから、カッコよく撮らないでください」と監督にお願いしていたらしいですけどね。なんてことを言うんだと思いましたけど(笑)。

──(笑)。実際、カッコをつけてしまいがちなんですか?

大泉 いや、そんなことはないんですよ! たぶん吉田さんは私のことをカッコ悪いと思いすぎているから、私が普通にするだけで「カッコつけてる」と感じるんじゃないでしょうか。

小松 (笑)

「恋は雨上がりのように」

大泉 それはともかく、近藤は実に優しい人。私も優しいんですよ? でも、ちょっと面倒くさい(笑)。近藤って、そんなにぼやいたりしそうにないですもんね。映画の中で、彼が客に平謝りするシーンがありますよね。私も謝るとは思いますよ。ただ、裏で散々ぼやきます。「ふざけんじゃないよバカ野郎。なんだ、あの言い方」とか言っちゃうわけです(笑)。そんな自分と比べると、近藤はずっと魅力的な人だなと思いました。

「恋は雨上がりのように」
2018年5月25日(金)全国公開
ストーリー
「恋は雨上がりのように」

橘あきらはファミレス“ガーデン”でアルバイトとして働く高校2年生。バツイチ子持ちの冴えない店長・近藤正己に密かに恋心を抱く彼女は、ある雨の日に「あなたのことが好きです」と思いのたけを打ち明ける。けがによって陸上競技を断念した17歳のあきらと、文学に情熱を注ぎながら小説家になれなかった45歳の近藤。止まっていた2人の時間が、静かに動き始める。

スタッフ

監督:永井聡

原作:眉月じゅん「恋は雨上がりのように」(小学館)

音楽:伊藤ゴロー

主題歌:鈴木瑛美子×亀田誠治「フロントメモリー」(ワーナーミュージック・ジャパン)

キャスト

橘あきら:小松菜奈
近藤正己:大泉洋
喜屋武はるか:清野菜名
加瀬亮介:磯村勇斗
吉澤タカシ:葉山奨之
西田ユイ:松本穂香
倉田みずき:山本舞香
久保佳代子:濱田マリ
九条ちひろ:戸次重幸
橘ともよ:吉田羊

au ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!

au ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

小松菜奈(コマツナナ)
1996年2月16日生まれ、東京都出身。2014年公開の「渇き。」で映画初主演を飾り、第38回日本アカデミー賞などで数々の新人俳優賞を受賞した。その後「バクマン。」「ディストラクション・ベイビーズ」「溺れるナイフ」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などに出演。2017年、マーティン・スコセッシ監督作「沈黙-サイレンス-」でハリウッドデビューを果たした。2018年には「坂道のアポロン」が公開。「渇き。」の監督・中島哲也と再びタッグを組んだ「来る」の公開を控えている。
大泉洋(オオイズミヨウ)
1973年4月3日生まれ、北海道出身。演劇ユニット・TEAM NACSに所属し、北海道テレビ制作のバラエティ番組「水曜どうでしょう」でブレイク。主演を務めた「探偵はBARにいる」で第35回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した。主な出演作に「駆込み女と駆出し男」「アイアムアヒーロー」などがある。2018年には「焼肉ドラゴン」「パパはわるものチャンピオン」が公開。6月25日にドラマ「あにいもうと」がTBS系で放送されるほか「そらのレストラン」「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」「騙し絵の牙」といった映画の公開を控えている。