ビデオパス PR

「響 -HIBIKI-」 月川翔×北川景子インタビュー|天才小説家・響とシンクロする平手友梨奈の圧倒的才能

マンガ大賞2017で大賞を受賞した柳本光晴の「響 ~小説家になる方法~」を映画初出演となる欅坂46の平手友梨奈主演で実写化した「響 -HIBIKI-」が、9月14日に封切られる。本作は、圧倒的な才能で文芸界を駆け上がっていく15歳の女子高生作家・鮎喰響と周囲の人々の葛藤を描く物語だ。

本作の公開を記念し、映画ナタリーでは監督を務めた月川翔と「君の膵臓をたべたい」「センセイ君主」に続き、月川作品に出演した北川景子にインタビューを実施。自信作になったと言う月川と、響の才能を見いだす編集者・花井ふみを演じた北川に平手の魅力や撮影エピソードなどを語ってもらった。

取材・文 / 山川奈帆子 撮影 / 小原泰広

ビデオパスバナー

今の平手さんの魅力を映画の中に残したいと思った(北川)

──月川監督は人気マンガを実写化するプレッシャーはありましたか。また、原作のこの部分は生かしたいというこだわりはありましたか。

左から北川景子、月川翔。

月川翔 毎回プレッシャーはありますが、原作を突き詰めていけば必ず面白い映画ができるだろうと思いました。あと、読んだときに、めちゃくちゃ面白いけどどんな言葉で表現したらいいのかわからなくて。だから映画の完成後も皆さんに「面白いですよ」とアピールするのが大変だなと思ってたんですが、今そのときが来たという感じです(笑)。

──響の才能を見いだす編集者・花井ふみ役の北川さんは原作を読んでどのように演じようと思われましたか。

「響 -HIBIKI-」より、北川景子演じる花井ふみ。

北川景子 ふみというキャラクターは響の小説を何がなんでも世の中に出したい、天才的な才能を1人でも多くの人に知らしめたいという情熱を持っている人なので、原作で感じた熱意を映画できちんと表現できればいいなと思いました。そして、ことなかれ主義な編集長と個性的で天才的な響との間で板挟みになる葛藤を出せるとリアルになるんじゃないかなと。

──なるほど。ふみは周りの個性的な人々に常に振り回されている感じでした。

北川 私は平手さんのことが大好きで、一目会ったときからすごく才能がある人だなと思ったんです。この人を惹き付ける力やオーラをなんとか映画の中に残したいと思ったし、どれだけ今の平手さんの魅力を引き出せるか、どれだけ支えられるかというのがテーマだったと思います。

──劇中のふみのように、現場では平手さんをサポートしていたのでしょうか。

「響 -HIBIKI-」より、平手友梨奈演じる鮎喰響(左)、北川景子演じる花井ふみ(右)。

北川 技術面でのフォローはありましたが、平手さんには型にはまらずにいてほしかったんです。14歳からアーティストとしてセンターで、いろいろなものを背負いながら活動してきた力のある人なので、自由にやってほしいなと。

──撮影の合間はどんなお話をされたんでしょう。

北川 お互いにリラックスして信頼関係を築けたらいいなと思ってました。演技の話はしていなくて、「何時に起きるの?」とか聞いたり、好きな食べ物の話をして。平手さんは「身長が伸びてるので、止まってほしいんですよ」と教えてくれました。

響とふみが本当に存在している感じ(月川)

──それは貴重なお話ですね。映画初出演で主演を務める平手さんを、月川監督はどのように演出されたのですか。

「響 -HIBIKI-」メイキングカット

月川 平手さんと一緒にキャラクターをひたすら掘り下げていきました。北川さんは平手さんを型にはめようとしないし、とても温かい目で見て寄り添ってくれていて、それに救われてたなと思います。撮影が終わると「今日の平手さんはこうだったね」とか連絡取り合ったり。北川さんが先にアップしたんですが、「あの子たちのこと気になるから現場の様子教えて」と気にかけてくれたり、「気になるから現場に行っちゃおうかな」と本当に現場に来てくれて、かなり感激しました。北川さんと今まで一緒にやってこれてよかったと思いました。

──まるで、劇中のふみのようですね! 平手さんと響はそっくりだと評判ですが、共通点はありますか。

月川 自分を曲げないのは一緒かも。誰かが無理やり何かさせようとしても「わかりました」とはならないですね。彼女が納得しない限りやってもらえないと思ってたので、違和感があるときは原因を一緒に探そうねという感じで撮影を進めていきました。

「響 -HIBIKI-」より、平手友梨奈演じる鮎喰響。

北川 原作を読んだときに響の目力が印象に残っていたんですが、平手さんにお会いしてあの目力を表現できる生身の人間は平手さんしかいないなと。彼女のただものじゃない存在感やオーラは、響の生き写しという感じがする。ただ、原作の響よりわかってくれるのは早い気はします(笑)。

月川 そうだね(笑)。

北川 平手さんは話せばすぐわかってくれる人です。正論しか言わないし、響ならきっとそうするだろうなということしか言わない。

──平手さんと北川さんの関係性は撮影に影響しましたか?

「響 -HIBIKI-」より、北川景子演じる花井ふみ(左)、平手友梨奈演じる鮎喰響(右)。

月川 最初から響とふみが本当に存在している感じで。取っ組み合いしても息が合うし、カットがかかると2人で笑い転げているんですよ。

北川 最初に顔合わせで会ったとき、平手さんは人見知りで緊張していました。すごくかわいいなと感じたし、この子が映画を1本やりきったらすごいものができるだろうな、なんとかこの子と映画を作りたいと思ったんです。クランクインのときには、特別な相談もせずにふみと響として生きられていたし、不思議な経験でしたね。

「響 -HIBIKI-」
2018年9月14日(金)より全国ロードショー
「響 -HIBIKI-」
ストーリー

圧倒的な文才を持つ15歳の女子高生・鮎喰響は、絶対に自分を曲げない性格で、自分の信念と反する相手には手を出すことも。文芸誌「木蓮」に処女小説を投稿したことから、編集者の花井ふみと出会い、響は文芸界を駆け上がっていく。

スタッフ / キャスト

監督:月川翔

原作:柳本光晴「響 ~小説家になる方法~」

脚本:西田征史

音楽:伊藤ゴロー

キャスト:平手友梨奈(欅坂46)、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、北村有起哉、野間口徹、小栗旬ほか

ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!
ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。

ビデオパス会員特典!劇場鑑賞料金割引の詳細はコチラ!
auマンデイ
まずは無料でお試し!
北川景子(キタガワケイコ)
1986年8月22日生まれ、兵庫県出身。2003年に雑誌SEVENTEEN専属モデルとして芸能界入り。同年ドラマで女優デビューを果たし、2006年に「間宮兄弟」で映画デビュー後はハリウッド映画「ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT」や「Dear Friends」「パラダイス・キス」「抱きしめたい」「の・ようなもの のようなもの」「探偵はBARにいる3」「君の膵臓をたべたい」などに出演。2018年には「パンク侍、斬られて候」が公開、11月2日には主演作「スマホを落としただけなのに」が待機中。
月川翔(ツキカワショウ)
1982年8月5日生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科修了。在学中は、教授である黒沢清や北野武のもとで「心」など4作品を制作する。ウォン・カーウァイ、ソフィア・コッポラらが審査員を務めた「LOUIS VUITTON Journeys Awards 2009」にて審査員グランプリに輝き、「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~」で「SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2012」のミュージックShort部門シネマティックアワード・優秀賞を受賞した。監督作に「黒崎くんの言いなりになんてならない」「君と100回目の恋」「君の膵臓をたべたい」などがある。2018年には「となりの怪物くん」「センセイ君主」が公開。