四万十川

四万十川

シマントガワ

上映時間:111分 / 製作:1991年(日本) / 配給:バップ=山田洋行ライトヴィジョン

解説 笹山久三原作の同名小説の中から第1部『あつよしの夏』と第2部『とおいわかれの日々に』の部分を、恩地日出夫が映画化。昭和30年代前半の高知県。自然と戦いながら四万十川流域に住む人々や家族の姿を通して、主人公の少年・篤義の成長を温かく描いた。樋口可南子が力強く生きる母親役を演じている。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)