茜色に焼かれる

茜色に焼かれる

アカネイロニヤカレル

2021年5月21日(金)公開[R-15] / 上映時間:144分 / 製作:2021年(日本) / 配給:フィルムランド

(C)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

解説 『川の底からこんにちは』『生きちゃった』の石井裕也監督が、自身の母親をモチーフにメガホンを取った人間ドラマ。人生の逆境に立ち向かう愛情深き母親と、そんな母を気遣いながら学校のいじめに耐え忍ぶ息子の姿を描く。4年ぶりの映画主演となる尾野真千子が母親役を、息子役を和田庵が演じた。共演に片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏ら。

ストーリー 7年前の交通事故で夫を亡くした、田中良子。彼女は夫への賠償金を貰わず、義父の面倒を見ながら中学生の息子・純平を育てていた。ある日、経営していたカフェが破綻し良子は仕事をふたつ掛け持つ。だが、それが原因で純平が学校でいじめられるようになり……

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全14件)