狭霧の國

狭霧の國

サギリノクニ

2020年10月31日(土)公開 / 上映時間:35分 / 製作:2019年(日本)

(C)LosGatos Works

解説 リアルな造形の人形劇と、旧来の特撮手法による怪獣映画。湖に棲む巨大生物が引き起こす事態を描く。村瀬継蔵が着ぐるみを制作し、本編一部背景画を島倉二千六が描くなど、数々の特撮映画を手けてきたスタッフが各分野を担当。監督、脚本、美術、人形制作などの役割を『小さき勇者たち?ガメラ?』などで怪獣造形として携わった佐藤大介が務めた。

ストーリー 明治の頃。少年・栄二が九州の山に囲まれた町へと帰郷すると、そこで目の不自由な少女・多紀理と出会う。ある夜、ひとりで外出する多紀理の後を追いかけた栄二は、湖に棲んでいる巨大な怪物を目撃。やがてさまざまな人間によって、事態は急展開を迎えることに。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全9件)