Workers 被災地に起つ

Workers 被災地に起つ

ワーカーズヒサイチニタツ

2018年10月20日(土)公開 / 上映時間:89分 / 製作:2018年(日本) / 配給:一般社団法人 日本社会連帯機構

(C)日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団

解説 変わりゆく東京の下町での取り組みを見つめた『Workers ワーカーズ』に続き、“ワーカーズコープ“に焦点をあてたドキュメンタリー第2弾。東日本大震災以降、持続可能な社会への仕組み作りを、地域の人々と共に模索・実践し続けてきたワーカーズコープによる被災地での取り組みの様子を映し出す。監督を務めたのは、前作同様に森康行。

ストーリー 人と地域に役立つ仕事をおこす協同組合・ワーカーズコープ。それは、みんなで出資し、民主的に経営して責任を分かち合う組織のこと。そんなワーカーズコープが、東日本大震災の被災地で、目の前の“困った“を解消しようと活動する様をカメラが映し出していく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全21件)