バケツと僕!

バケツと僕!

バケツトボク

2018年3月3日(土)公開 / 上映時間:106分 / 製作:2017年(日本) / 配給:彩プロ

(C)映画『バケツと僕』製作委員会

解説 天願大介監督作『無敵のハンディキャップ』の原作者・北島行徳の同名小説を映画化した人間ドラマ。養護施設で働くことになった気弱な青年と、“バケツ“と呼ばれる軽度の知的障がいを持つ少年の友情を、笑いと涙を交えて描く。シンガーソングライターの紘毅が主演を務め、『家族はつらいよ』でもおなじみの演歌歌手・徳永ゆうきが バケツに扮する。

ストーリー 養護施設で働くことになった神島は、“バケツ“というあだ名の15歳の少年と出会う。軽度の知的障がいと盗癖があるバケツは、母から虐待を受けた挙句捨てられ、さらには施設からも追い出されてしまう。神島はそんなバケツを引き取り、面倒をみようとするが……

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全10件)