映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゾウを撫でる

ゾウを撫でる

ゾウヲナデル

解説

『半落ち』『ツレがうつになりまして。』の佐々部清監督が、脚本家・青島武や、作曲家・富貴晴美ら日本映画界を支えるスタッフたちと組み、映画製作にまつわるさまざまな人間模様を描いたドラマ。映画と地域との関わりや製作体制の現状も交えながら、それぞれの人生を温かな眼差しで綴る。小市慢太郎、高橋一生、大杉漣ら実力派俳優が顔を揃える。

ストーリー

映画監督の神林は、若手脚本家の鏑木と共に、15年ぶりに新作映画『約束の日』を撮ることに。一方、台本印刷会社で働く栃原は、シナリオ教室で同期だった鏑木が映画の脚本を手掛けていることを知り、戸惑う。やがて台本は完成し、出演者の手に渡っていく。

2017年1月14日(土)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2013年(日本) / 配給:シネムーブ

(C)2013「ゾウを撫でる」Partners

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー