雨にゆれる女

雨にゆれる女

アメニユレルオンナ

2016年11月19日(土)公開 / 上映時間:83分 / 製作:2016年(日本) / 配給:ビターズ・エンド

(C)「雨にゆれる女」members

解説 アジア映画の名匠、ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーなどの映画音楽を多数手掛けてきた音楽家・半野喜弘が初監督を務める人間ドラマ。『るろうに剣心』シリーズの青木崇高を主演に迎え、別人を演じて生きている男と秘密を抱えた女の関係を軸に、罪を抱えた男女の贖罪と心の変化を描く。人物の息遣いを感じさせる濃密な映像描写にも注目だ。

ストーリー 久保川則夫は“飯田健次“と名乗り、別人を演じて日々を送っていた。ある日、職場で唯一話しかけてくる下田から、ある女をかくまってほしいと頼まれる。健次は悩んだ挙句、女を預かることに。しかし女が現れたことで、則夫と健次の境界線は曖昧になっていく。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:半野喜弘
音楽:半野喜弘

キャスト

青木崇高
大野いと
岡山天音
水澤紳吾
伊藤佳範
中野順二
杉田吉平
吉本想一郎
森岡龍
地曳豪

雨にゆれる女の画像