ぼくたちの家族

ぼくたちの家族

ボクタチノカゾク

2014年5月24日(土)公開 / 上映時間:117分 / 製作:2013年(日本) / 配給:ファントム・フィルム

(C)2013「ぼくたちの家族」製作委員会

解説 文壇の気鋭、早見和真の小説を『舟を編む』の石井裕也監督の手で映像化した家族のドラマ。母の末期ガンの発覚によって揺れ動く家族の風景を切り取っていく。“死“というテーマを扱いながらも決して重くならず、生をポジティブにとらえた姿勢が魅力。観る者を元気づける朗らかな語り口に加え、妻夫木聡や原田美枝子ら演技派の共演も見どころだ。

ストーリー 母親の脳腫瘍が発覚し、揺れ動く若菜家の人々。引きこもりの過去を克服して家庭を築いた長男は自力で何とかしようと努め、ちゃらんぽらんだった大学生の次男は思いも寄らぬ力を発揮。“悪あがき“と自覚しながらも現実に向き合う彼らに、やがて奇跡が訪れ……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全12件)