ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

ケンタトジュントカヨチャンノクニ

2010年6月12日(土)公開 / 上映時間:131分 / 製作:2010年(日本) / 配給:リトルモア

(C)2010「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」製作委員会

解説 ぶっ壊して抜け出すんだよ――。人生を選べずに生きてきた青年ふたりの疾走するような旅物語。『ゲルマニウムの夜』で多くの賞賛を集めた大森立嗣監督が、この時代に生きる同世代の若者たちのリアルで切実な“希望“をオリジナル脚本で描き、本格派青春映画として誕生させた。主演は松田翔太。気迫溢れる演技で現代の若者の姿を生々しく演じている。

ストーリー 施設で兄弟のように育ったケンタとジュン。中卒で得た解体現場の仕事は、電動ブレーカーでひたすら壁を壊す“はつり“だった。安い賃金に過酷な労働、そして陰惨ないじめ。行き場のない苛立ちを積もらせるふたりは、ついに“見えない壁“をぶっ壊す決断をする。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)