銀座愛物語 クラブアンダルシア

ギンザアイモノガタリクラブアンダルシア

2009年1月17日(土)公開 / 上映時間:75分 / 製作:2008年(日本) / 配給:テンダープロ

(C)2008 倉科遼/みね武 「銀座愛物語 クラブアンダルシア」製作委員会

解説 『十年愛』『嬢王』で知られる人気作家・倉科遼が原作を手がけた『クラブアンダルシア』を、日本映画界の重鎮・松方弘樹を主演に映画化。夜の銀座を舞台に生きるホステスたちのさまざまな人生と、彼女たちを優しく見守るオーナーの物語を描いていく。原作のモデルとなった伝説のクラブ・オーナー奥澤健二を監修に迎えた銀座ロケ場面も見どころ。

ストーリー 美穂は「金と権力を持った男が集まる場所で働きたい」と夜の銀座に明かりを灯す伝説の店「クラブアンダルシア」の門を叩く。そこでは奥村オーナーの下、さまざまな女たちが、それぞれの愛の物語を繰り広げていた。

情報提供:ぴあ