映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

真夏のオリオン

真夏のオリオン

マナツノオリオン

解説

池上司の戦記小説『雷撃深度一九・五』を『亡国のイージス』の作家・福井晴敏が脚色。、第二次世界大戦末期の日本潜水艦と米駆逐艦の壮絶な戦いと、そのなかで生まれた人々の絆を描くアクション・エンタテインメント。玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、益岡徹らバラエティに富んだキャスト陣を繊細な人間描写に定評のある篠原哲雄監督が率いている。

ストーリー

1945年8月。日本海軍は、最後の防衛ラインとして沖縄南東海域に潜水艦を配備していた。イ-81が突破され激戦の果てに劣勢に立たされるイ-77。艦内に残された酸素はわずか1時間。艦長・倉本は最後の戦いに挑む。

2009年6月13日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2009年(日本) / 配給:東宝

(C)2009「真夏のオリオン」パートナーズ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー